ピクシブ百科事典

円卓会議

えんたくかいぎ

文字通り、円卓を囲んで会議を開くこと。本記事では主に小説『ログ・ホライズン』に登場する組織について記述する。
目次[非表示]

解説

MMORPG〈エルダーテイル〉をプレイしていたプレイヤー達が現実化したゲーム世界に閉じ込められるという〈大災害〉以降、無法状態にあったヤマトサーバー最大のホームタウン〈アキバ〉の街の治安問題を解決するため、主人公シロエが発起人となって三日月同盟と協力、主立ったアキバの大規模ギルドの代表者を招集し立ち上げた合議制の自治機構。
6月の立ち上げの際、12のギルド(〈記録の地平線〉+シロエが招集した11ギルド)が集結したが、〈シルバーソード〉のギルドマスター・ウィリアム=マサチューセッツが不参加を表明したため、結果残った11のギルドの総意によって発足された。 この発案にはにゃん太が発見した異世界から逸脱した新しい技法が大きな起点となっている。
当初はアキバの街を健全化して〈冒険者〉達が皆で協力してサバイバルを乗り越えていくための仕組みとして組織されたが、やがては〈自由都市同盟イースタル〉における一大勢力として成長し、内外で起こる様々な困難やトラブルへと立ち向かっていく。

議会はアキバの〈冒険者〉を代表する11ギルドマスター「円卓の十一人」と、それを補佐する事務員等によって構成される。
活動内容は多岐に渡り、アキバの街の行政や〈大地人〉の治める周辺国家との交渉や折衝の他にも、会議の結果を処理する「事務局」、街を巡回して治安の維持に従事する「自警団」、〈大地人〉からの依頼(クエスト)や〈円卓会議〉としての方針に基づく探索等のニーズを取り纏めて仕事を求める〈冒険者〉たちに適正な報酬で紹介する「冒険斡旋所」、各地の政情やモンスターの分布、〈妖精の輪〉(ポータルゲート)の位置やワープ先など、様々な情報を売買できる「情報取扱所」等、様々な部署や委員会が設置されている。

理不尽なPKや〈大地人〉への横暴を禁止する他、施行されたルールは緩やかで特に成文化されておらず基本的には〈冒険者〉達の自由意志を尊重するものだが、悪質な違反者はギルド会館から締め出され銀行を始めとするインフラ施設を利用できなくなる等、アキバを中心とした〈イースタル〉地域での行動を大きく制限されることになる。
また、身内から処罰者を出すことはギルド全体の責任であり恥であるという風潮もあるため、有名かつ大手のギルドほどルールを徹底して指導する傾向がある。

9月時点で傘下にあるギルドの総数約700、参加人員は約14000人に上る。

ギルド会館を使用すると税金として一日一回金貨一枚を自動徴収される。

〈ミナミ〉を拠点にヤマト西域を支配下に置いている単一巨大ギルド〈Plant hwyaden〉とは表面上敵対してはいないが、〈天秤祭〉では「攻撃」を受けるなど水面下では諜報合戦が行われており、〈円卓会議〉の行政体制とは互いに相容れないこともあって実質的に対立状態にある。
また夏季の〈ゴブリン王の帰還〉、ギルド会館や大神殿をはじめとする各インフラ施設の購入と維持費、プレイヤー間の経済格差と、結成以降トラブルと財政難が続いている。



だが、一年経過した時点で主要ギルドの能力の良さと、無償奉仕に破綻をきたし、西方の斎宮からアインスが侯爵の称号を受領した事が起因して二派に分裂。事実上の崩壊を招いてしまう。

更にはレイネシアの婚姻問題も加わり、〈アキバ統合府〉と〈新生円卓会議〉との民主主義による投票で決着するまでに発展するが、アキバの〈妖精の輪〉が、結界消失から再起動を果たし、〈アキバ〉の〈大地人〉のみならず、〈イースタル〉、〈エッゾ〉各地からの商人や旅人まで投票参加に集結した為に、実力が拮抗した状態にも関わらず〈統合府〉側が夜逃げ同然に撤退した事により〈ホネスティ〉自体も上層部との軋轢が生じた上で瓦解し決着が着いた。

この時に再編された〈新生円卓会議〉には〈大地人〉側のアドバイザーとしてリ=ガン、菫星、議長にレイネシアが参加。護衛〈D3-PG〉(プリンセスガード)に三佐、エリッサ、〈D3-hab〉のリーゼ、櫛八玉が就任、〈グランデール〉はセルデシア辺境地域では貴重な郵便ギルドの為に東西二派から距離を置いて一線を退いたものの、〈シルバーソード〉のウィリアムが〈エッゾ〉代表として同席を果たす。

また、にゃん太から会議中でも食事を採る提案をされ、名物的な風景になりつつある。


円卓の十一人(ラウンドテーブル・デクリメント)

新生円卓

ギルドマスター。産業兼イベント担当。


関連タグ

ログ・ホライズン

pixivに投稿された作品 pixivで「円卓会議」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39905

コメント