ピクシブ百科事典

敦メリ

あつめり

『文豪ストレイドッグス』に登場する中島敦とルーシー・モード・モンゴメリのカップリングタグ
目次[非表示]

生きて──いつかここから救い出して 待ってるから

概要

 どちらも孤児院出身であり、同じように酷い扱いを受けてきた過去を持っている。
 最初は、武装探偵社に所属している敦と、組合に所属しているモンゴメリとで敵同士であった。
 同じ孤児院出身ながら幸せそうな敦に、モンゴメリが一方的に嫉妬の気持ちを抱いていたが、『白鯨』で再会した際にお互いの傷を見せ合うことで和解。

 現在、モンゴメリは探偵社のあるビルの一階にある喫茶店で働いている。

本編での絡み

一回目

 最初に出会ったのは、第十五話「たえまなく過去へ押し戻されながら(前編)」にて、モンゴメリがフランシス・スコット・キー・フィッツジェラルド達と共に探偵社に乗り込んできた時である。
 しかし、その際には一言も言葉を交わしていないので、実質敦とモンゴメリが出会ったのは、その後に街頭で谷崎ナオミ谷崎潤一郎森鴎外、その他通行人と共にアンの部屋に招待した時だと言える。

 アンの部屋にて、谷崎が捕まった後に敦は足を虎に変え、単身逃げ続けるが、その姿を見たモンゴメリが自分も孤児だと敦に告白し、さらわれた時に探偵社が必死に捜したという敦にこの言葉を投げつける。

「ねえなぜ貴方なの? なぜあたしではないの?」

 この際、敦は何とも言えない表情を浮かべていた。自分に自信を持てない敦からすれば、それは自分も思うことだからだと思われる。
 この後、一度は宮沢や谷崎、ナオミを助ける事を諦めようとする敦だが、鴎外の助言によって勇気を取り戻す。
 しかし、二人いたアンによって惜しくも捕まってしまった。
と思われたが、ドアが開いた瞬間に谷崎が『細雪』でドアを偽装していて、敦が部屋へと吸い込まれる力に腕力で抵抗していたことが判明。

 敦はその状態のまま、モンゴメリに向かって、

「だから他人を妬み怨む君の情動はよく判る
 本当は君にこの作戦を失敗して欲しくない
 居場所を失って欲しくない!
 でも──僕は弱くて未熟だから他に方法が思い付かない」

と、モンゴメリに対して同情と気遣いの気持ちを見せていた。

 その後、モンゴメリに結んでおいた飾帯を使い、アンの部屋から脱出することに成功した敦は、蹲って震えているモンゴメリに近づき、「……ごめん 若し……何か僕に」と声を掛けるが涙目のモンゴメリに睨まれ、逃走される。残された敦は思案顔をしていた。

二回目

 次に顔を合わせたのは、第二十八話「緊急プラン」にて、ハーマン・メルヴィルの異能力である『白鯨』の中。
 そこで敦は、メイドとなったモンゴメリと再会する。
 モンゴメリはフィッツジェラルドと話している捕まった敦に気づくが、顔を逸らして仕事を続けていた。
 思わず、と漏らした声に答えたフィッツジェラルドの言葉に、敦がモンゴメリの言葉を思い出す描写が見られた。

 その後、牢屋に入れられた敦が孤児院の先生の幻影に苛まれていると、の人形を燃やすように頼まれたモンゴメリが敦に声を掛ける。
 此処を開けてくれ、と頼む敦にモンゴメリは貴方の言う皆は私の仲間ではない、貴方が独りぼっちになった後なら出してあげてもいい、と無下な言葉を返し、それに敦は「なら逃げよう」と自身も同じだと打ち明けようとするが、それはモンゴメリを更に追い詰め、怒らせるだけだった。

 自身の傷を見せ、この傷の痛みと苦しさが想像できるか、と悲痛な訴えを見せるモンゴメリに、敦は静かにこう続ける。

「一日目に痛むのは骨
 でも一番きついのは三日目だ
 動くたびに火傷が擦れて死ぬ程痛む
 僕も同じ場所にいた
 だから君の怯えも孤独もよく判るよ
 でも孤独は僕達を永遠に支配する王様じゃなかった」

 モンゴメリと同じ自身の傷を見せ、改めて自分も同じだと訴えると、下の街にいる人にも僕達と同じ人がいる、その人達を見捨てる事は過去の自分を見捨てることと同じだが善いのか、と敦は続け、次の瞬間、モンゴメリは敦をアンの部屋へ移動させる。
 モンゴメリはもう手遅れだと言うが、それに敦は太宰さんに頼めば大丈夫だと返す。
 モンゴメリは無理だと叫ぶが、敦は自身が昔読んだ古い書巻の言葉を引用してそれでも後悔したくないのだと言って、モンゴメリはそれに逃走用に隠しておいたというパラシュートを持って返した。

 敦は自分を逃がしたら君は組合から見放されるがいいのか、と聞くがモンゴメリはそれに独りぼっちは最初からだと言って、敦の言葉によって、幾ら頑張っても組合の仲間にはなれなかったのを自覚した物言いを見せた。
 その後のモンゴメリの言葉で、敦は組合に勝つヒントを見いだしている。

 そして、ここからの展開で敦メリに落ちた人も多いだろうと思う。
 『白鯨』の外壁に繋げられた扉を開け放ち、敦とモンゴメリはこんな会話を交わす。

「ねぇ本当に大丈夫? 確かにこの部屋の中だったら君は無敵だ でもそれってつまり君はこの部屋の中から永遠に出られないって事じゃ」
「察しの悪い人ね ちょっとした口実よ 生きて──いつかここから救い出して 待ってるから」
「判った」

 モンゴメリはロマンチックなことが好きだと公式で書かれているので、十中八九、これはロミオとジュリエットを意識した言葉だと思われる。
 ここから敦に好意を抱きだしたのも間違いないだろう。

 余談だが、アニメ『文豪ストレイドッグス』のこのシーンは、本当にモンゴメリが綺麗なので見て欲しい。

三回目

 そして、第三十八話「Slap the Stick」にて、敦とモンゴメリは衝撃的な事実を交えながら再会を果たす。

 探偵社のあるビルの一階の喫茶店の「うずまき」で、太宰、谷崎、宮沢、江戸川与謝野達に、街中でモンゴメリと遭遇したことを敦は話す。
 声を掛けようとした敦だが、姿に気づいたモンゴメリには速攻で逃げられていた。
 その時に、金属の箱を持っていた、と敦は話すのだ。

 その話をした翌日、喫茶店は犯罪者組織「ザアパルク」の探偵社を狙った襲撃に遭うが、すぐに探偵社によって壊滅。
 喫茶店にて、組合の遺産について話しているところに、「うずまき」の新人だったモンゴメリが配達から帰ってくる。
 そう、敦が金属の箱と称したものは、岡持だったのだ。

 驚きの表情を浮かべる敦に気づいたモンゴメリは、顔を一瞬で赤く染め、岡持を敦の顔面にぶん投げる。
 以下の台詞のコマはビルの風景だが、内容からモンゴメリがまた逃げ出したことはお察しである。敦の口調が砕けてるのがとても良いと感じたのは私だけでは無いだろう。

「何で逃げるんだよ!?」
「何となくよ!!」

四回目

 次に絡むのは、第四十三話「ヘルリス!」にて。

 敦がモンゴメリの勤める「うずまき」に鏡花と共に来店したところ、モンゴメリはなぜか怒っているらしく、機嫌が悪い。
 接客業らしからぬ表情で二人を迎え、空いてる席はあるか、と聞く敦にモンゴメリはこう言い捨てる。

「いい床が空いてるわ」

 そして、敦のお冷やをテーブルに叩きつけ、モンゴメリはこう言う。

「本日のお勧めは深煎りの泥水」

 その一連の行動に場の雰囲気を保とうとして笑い声を上げ、続けて、敦がモンゴメリに「ええと……久方振りだね ……元気?」と話し掛けるのだが、これにモンゴメリは(悪い意味で)衝撃を受けた反応を見せる。
 そんなモンゴメリは敦に自分が探偵社の一階にあるこの店にいる理由がわかるか、と問いかけるが、敦は呆けた声を出す。
 全くわかっていない様子の敦に、ため息を吐きながらモンゴメリは不満の声を出すと、貴方への復讐だと言う。
 しかし、敦は全く思い当たる節が無く、心当たりが無いと言わせない、と言うモンゴメリに弁明しようとする。
 が、鏡花の注文の声に阻まれると、店員の役割を果たすためにモンゴメリが離れて、一旦会話は終わる。
 それでも、「注文出すまでに思い出してないと本当に縊り殺すわよ!」と最後に言い添えていったモンゴメリに、何か酷い事したかな……、と敦はモンゴメリとの会話を思い返す。

「君の怯えも孤独もよく判るよ」
「空の上から飛び降りるなんて馬鹿な殿方 見てられないもの」

 そこまで思い返したところで、頼まれたことを思い出したというモンゴメリの発言によって、敦の思考は止まる。
 クリップで止められた一束の資料をテーブルに投げだし、変な人が来て渡してくれと頼まれたと説明すると、取ろうとした敦の手より先に持ち上げ、これは鏡花への依頼だ、と言う。ここから四十三話は、本格的に始まる。

 依頼内容は、船に置かれた大金の入った鞄を指定企業まで届けること。
 しかし、肝心の船の情報が書類に載っていない。
 しらみつぶしに探すしかないか、と一つ一つ船を調べていくが、船員に怒られ、通報を心配する敦にモンゴメリの声がかかる。
「お困りかしらトラ猫ちゃん?」
 そこには、船首に立ち、手には無い書類を持っているモンゴメリの姿。
 君が抜き取ったのか、と問いかける敦に、当然でしょとモンゴメリは返すのだが、それに敦は何とも言えない表情を見せ、こんな会話を繰り広げる。

「……何よその顔 まさか貴方あたしが怒ってる理由がまだ判らないの?」
「い いや 勿論判ってるよ あれでしょ? ほら……」
「………」
「………………」
「前髪が……気に入らない」
「馬鹿じゃないの!?」

 漫才のような会話を繰り広げ、業を煮やしたモンゴメリはついに自分が怒っている理由を吐露する。
 それは、敦が自分を助けに来てくれなかったこと、再会した時にも何の言葉も無かったことへの怒りだった。
 敦はモンゴメリに釈明しようとするが、聞き入れてもらえず、モンゴメリは書類を後ろの海へと投げ捨てる。
 敦は書類を追いかけ、海に飛び込むのだが、係留用の鎖に足を取られ、海から上がれなくなってしまう。
 泳ぎなさいとは言ったものの、一向に上がる様子を見せない敦に、モンゴメリが不審に思った瞬間、海面に苦しげに手が上がる。溺れていることを察したモンゴメリは、後ろを一瞬見て助けを求めようとしたものの、誰もいないのを知ると自ら海に飛び込む。

 場面は変わり、モンゴメリは敦をアンの部屋に転送して助けることに成功。
 心配が混じった文句を投げかけると、状況を把握しようとする敦につらつらと説明する。
 その説明を聞いて敦はお礼を言うと、助けにいけなかったことへの謝罪をする。
 自分を捜してくれていたと知り、君が居ないと知ってほっとしたよ、という言葉をかけられてモンゴメリは働き始めた本当の理由を話し始めるが、最後の理由は言えず終わり、敦の盛大なくしゃみで有耶無耶になってしまう。
 

本編以外での絡み

 アニメ『文豪ストレイドッグス』のBD&DVD、第10巻のジャケットでは、敦とモンゴメリが恋人繋ぎをしているように見える。Twitterでは、敦メリ勢から嬉しい悲鳴が上がった。

 『文豪ストレイドッグス わん!』の第59話は、鏡花がうずまきに隣人アルバイトとして入る話なのだが、その教育係にモンゴメリが任命される。
 鏡花に足りないものは愛想だ、とモンゴメリは言うが、貴方がそれを言う? という顔を返され、次のお客で完璧な愛想を見せると意気込み、宣言通り、入ってきたお客さんに笑顔で接客をするのだが、そのお客は敦。
 それに気づいたモンゴメリは顔を染め、戸惑いを見せる敦に手に持っていたお盆を投げつける、という展開を見せた。

表記揺れ

・敦モン  ・敦ルー  ・敦ルシ

 特に“敦モン”はpixivの小説において、“敦メリ”と共に併用されることが多く、タグを付ける作者も検索する読者もどうしたらよいか迷うところだと思う。
 しかし、件数ではイラスト・漫画、小説、共に“敦メリ”が最も多いので、是非ともこちらを使用してほしいと思う。

関連イラスト

甘酸っぱい
手を繋いで
いつか、迎えに来て

pixivに投稿された作品 pixivで「敦メリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33369

コメント