ピクシブ百科事典

斧男

おのおとこ

斧男とは、『クロックタワー3』に登場するキャラクターである。

CV: 岡本美登
生前は1655年(清教徒革命が行われていた17世紀半ば頃)のイギリス、ウェールズ地方のカーディフ村に住んでいた木こりで、本名はハーベイ・パウエル。アリッサが三番目に遭遇・戦った魔のモノの配下の一人。

幼少の頃から周囲に「顔が醜い」と言われ、虐待を受け続けていた。17歳の時に恋心を抱いていた宿屋の娘・エミリーに婚約を申し込むが、断られた上に罵倒されたため、激昂した彼は彼女を殺害してその死体を剥製にした。以降はおよそ2年間に亘って年端も行かない娘を誘拐して山小屋に監禁しては殺戮と剥製作りを繰り返していたが、ついに農民に捕らわれ処刑された。その後、魔のモノの配下として蘇った。

奇抜な見た目とデスクリムゾンコンバット越前並みの異常に甲高い声(空耳ネタも豊富)をしているイロモノな印象とは裏腹に、魔のモノの配下の中では幹部格。ルーダー狩りを任されたその実力は本物であり、多くのルーダーが彼の犠牲となった。

魔のモノの配下の中で唯一ボス戦が二回あり、一度目は倒せずに撤退する展開になる(所謂、負けイベント)。追跡・戦闘時は素早い動きから手斧で斬りつけてくる。戦闘時はそれに加えて最大にチャージした矢をも防ぐガードも使用するなど、攻防どちらも隙がない。
また、接近戦以外にフランキスカの如く斧を投げ飛ばしてくる(追尾性能有り)遠距離攻撃も持つ。投擲した斧は弧を描くような軌道パターンもあるが、直線上に投げて来た斧を打ち返す事が出来れば、大きな隙が生まれる。\ソコダァ!!(カキン!) ヘギャグワクオァッ!?/

二周目では手斧ではなく、何故か片手鎌に持ち替えている。これじゃ斧男じゃなくて鎌男だよ…。まあ、手持ち武器がアイデンティティとかけ離れていると言えば、他にどっこいどっこいな同僚二人が後に控えているが。

関連イラスト

\アリッサァ!!/
マフラーみたいになってたら萌える



関連タグ

クロックタワー3  哀しき悪役・・・・確かに彼もそう言えるかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「斧男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46294

コメント