ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:細川茂樹

概要

通称「ヒビキ」。鬼は本名で呼ばれることはほぼなく、OPでクレジットされることもない。
1974年12月16日生まれ、30歳→31歳(公式サイトでは31歳表記)。岐阜県出身。

気さくで飄々とした、親しみやすい性格。年長者としての落ち着きゆえ「頼れる大人」としての側面も併せ持っている。ただし色恋沙汰に関してはかなり疎い。
16歳の時に独学で鬼となってから(鬼は師弟制が一般的なため極めて異色)、今なお現役で魔化魍と戦うベテランで後輩の鬼たちからも頼りにされている。実力も鬼の中ではトップクラス。趣味は鍛えること。
鍛えてますからが口癖で、「シュッ!」という敬礼のような挨拶(薬指と小指を若干曲げた状態で、手首をスナップを利かせて一回まわしたあと前に軽く振る)をよくする。
また、「かえるの合唱」や「メリーさんのひつじ」を元にして、その時々のことを即興で替え歌にすることも多い。
少年・安達明日夢は、彼と出会い大きく成長していく。
猛士の技術者である滝澤みどりとは中学時代の同級生

ちなみにかなりの機械音痴であり、魔化魍の記録には手帳を用いている他、クレジットカードや携帯電話も持っていない。携帯に関しては、電話機能は問題なく使用できるが、メールは開くだけでまごついている。そのため彼に連絡するときは猛士のサポーターや知人を介さなければならない(劇中でも苦言を呈されている)。劇中では度々香須実の携帯を借用していた(一方で、バトライド・ウォー創生の掛け合いでは中の人が家電好きな事を反映して、ファイズに反応している)。
さらにはペーパードライバーであり、車やバイクの運転がとても下手だった。“ライダー”なのに。
第2話で車を運転した際はエンストを連発しながら目的地に向かい、第10話にて威吹鬼との連携で彼のバイクを運転した際は、真っ直ぐ走行することはできても止まることはできず、結果飛び降りるという選択肢に行き着き、バイクを瓦礫に突っ込ませてしまった。
その後バイクに関しては克服、凱火を乗りこなせるようになっている。

劇場版のヒビキ

戦国時代に活躍した先代の響鬼。日高仁志とは姿と飄々としている性格がかなり似通っている。
明日夢の兄である猛士を弟子に取っていたが、大雨の山道で猛士が事故に巻き込まれて死亡。これが明日夢に恨まれる原因となり、贖罪のために鬼を引退すべく、トドロキに音叉を預けた。
引退後は鍛冶屋として暮らしていたが、最強の魔化魍オロチの出現に際し、明日夢からの願いもあって戦線に復帰した。
なお、日高の祖先かどうかは不明である。

仮面ライダージオウでは

本編終盤で桐矢京介を弟子として迎え入れているが、放送終了から13年後に放送された『仮面ライダージオウ』では、京介が“響鬼”を襲名できなかったことが明らかとなり、何らかの理由で師弟関係が崩れてしまったことが示唆された。
その後理由が明かされ、どれだけ努力を重ねても響鬼程の優れた鬼にはなれないことを悟った京介の挫折、さらには正式な襲名を前に京介が勝手に“響鬼”を名乗り、鼓屋ツトムという少年を弟子にしてしまっていたこと等があったようだ。

しかし、アナザー響鬼と化した弟子のツトムを元に戻そうと京介が必死に説得を試みた際に、それに応えるかのように響鬼ライドウォッチが生成され、京介に響鬼としての変身能力を与えた。この時の京介の発言から、ライドウォッチの生成にはヒビキ自身の意思がある程度介在しており、京介が響鬼を襲名するに値する人物であると認められたことが示唆されている。

なお、全編を通してヒビキは名前が語られるのみで、演者の細川氏の不参加という事情(当時細川氏は所属事務所との間に様々な軋轢が生じており、まともに芸能生活を送れるような状態ではなかったらしい)もあり彼自身は結局最後まで登場することはなかった。現在どこで何をしているかは劇中では語られておらず不明。
公式HPでは、現役で活動している鬼の名を襲名するとは考えづらいことから、先代の響鬼(=ヒビキ)は既に引退しているとする考察を挙げており、白倉Pは京介やトドロキたち若手を育てるため、「ちょっと鍛えてくる」と南米あたりに旅立ったきり何年も音信不通という見解を示している。
本編劇中では「斬鬼が引退後も鬼化する能力自体は喪失していなかった」という描写もあり、いずれにせよ「響鬼の力」自体は依然ヒビキが有しており、ライドウォッチが生成された時点で本人からその力は失われたと思われる。

余談

設定年齢31歳、演じた細川氏は当時33→34歳であり、「仮面ライダー」シリーズを通して役・役者共に最年長の主役。
特に平成ライダー令和ライダーは基本的に演技経験の少ない若手を主演に登用するため、当時から名前が知られていた細川氏のようなケースは異例である。

浜田雅功からは当時、その年齢を槍玉に挙げられ「おっさんライダー」と呼ばれていた。

ちなみにサブキャラを含めると仮面ライダードライブ本願寺純仮面ライダー純(演:片岡鶴太郎)と仮面ライダーゴースト仙人仮面ライダーダークゴースト(演・竹中直人)が当時60歳で最年長タイである。

関連タグ

仮面ライダー響鬼 響鬼 ヒビキさん
小津魁美墨なぎさ…ニチアサ同期の主人公。

剣崎一真ヒビキ天道総司

関連記事

親記事

響鬼 ひびき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日高仁志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45434

コメント