ピクシブ百科事典

時効「月のいはかさの呪い」

じこうつきのいはかさののろい

時効「月のいはかさの呪い」とは、同人ゲーム『東方永夜抄』の登場人物、藤原妹紅のスペルカード。
目次[非表示]

概要

東方永夜抄にて、藤原妹紅が使用したスペルカード
線状に並んだ米粒弾と青ナイフ弾を回転させながら放出しつつ、画面横や下から精度の緩い自機狙いの赤ナイフ弾を迫らせる技。

米粒弾と青ナイフ弾が回転していることに合わせ、一部プレイヤーの間では一種の縛りプレイとして『時計回り避け』『反時計回り避け』なる行為を行う者もいる。
ちなみに、時計回り避けの方が若干難しい。

スペルカードは『歴史に残らない殺人事件』をイメージしたものらしい。

妹紅はかぐや姫(蓬莱山輝夜)が地球に残した蓬莱の薬を奪って飲んだことで不老不死となった人間だが、彼女はこの時蓬莱の薬を富士山に捨てようとしていた人物を蹴落としており(消息は不明である)、その人物は竹取物語において『調岩笠(つきのいわかさ)』と呼ばれている。
また、『尽きない若さの呪い』という、不老不死の表現をまじえた掛詞にもなっているようだ。

こちらが確認のVTRです



関連タグ

東方project スペルカード
東方永夜抄 藤原妹紅
竹取物語

pixivに投稿された作品 pixivで「時効「月のいはかさの呪い」」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35188

コメント