ピクシブ百科事典

月を見るもの

つきをみるもの

月をみるもの(Moon watcher)とは『2001年宇宙の旅』に登場するヒトザル(猿人)である。
目次[非表示]

概要

モノリスに遭遇し、接触したヒトザルの群れの一人。
草食動物白骨になった死体からをとり、その骨で死体の頭蓋骨を打ち砕く。
骨を道具武器)とする閃きを得たこのヒトザルはそれを使ってイボイノシシを倒してを食べる。
やがて他の群れとの水場争いにおいて、同様に武器の使用を覚えた仲間たちと参戦。
敵の群れのリーダーを骨棍棒で滅多打ちにして殺し、勝利の雄たけびと共に骨を空へと投げる。

投げられた骨のシーンから、物語の舞台となる宇宙船のシーンへと切り変わる。

余談

偶然にも、MGMが「2001年宇宙の旅」を公開したのと同じ1968年に、20世紀フォックスから「猿の惑星(第1作)」が公開されて、「猿の惑星」での特殊メイク担当者にはアカデミー名誉賞が送られた。

その事に対してクラークは、エッセイ「失われた2001年宇宙の旅」の中で
「もしかしたら、アカデミー賞の選考員には、ホンモノの猿を撮影してるように見えたのかもしれないなぁ〜
という負け惜しみを漏らしている。

関連イラスト

2001:A SPACE ODYSSEY


関連タグ

猿人 文明

関連記事

親記事

2001年宇宙の旅 にせんいちねんうちゅうのたび

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「月を見るもの」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 581

コメント