ピクシブ百科事典

MGM

めとろごーるどうぃんめいやー

メトロ・ゴールドウィン・メイヤー / Metro-Goldwyn-Mayer Inc., とは、ライオンが吼えるロゴでお馴染みの、アメリカの映画会社。
目次[非表示]

概要

1924年のこと、

  • メトロ・ピクチャーズ・コーポレーション (1915年創業)
  • ゴールドウィン・ピクチャーズ (1917年創業)
  • ルイス・B・メイヤー・ピクチャーズ (1918年創業)
の3社が合併して、MGMスタジオが設立。親会社は当時最大の劇場チェーンだったロウズ。
資材と人材に恵まれた環境、創始者の一人であるルイス・B・メイヤーのワンマン的な辣腕によって大作映画を次々に送り出し、設立から1950年代までアメリカ映画界のトップに君臨し続けた。
ロゴライオンレオ・ザ・ライオン(意訳すると獅子・ザ・獅子)といい、その枠にも書かれている「芸術のための芸術(Ars Gratia Artis)」という当時のモットーを象徴するものだった。

だが、60年代から作風が世間に受け入れられなくなり、徐々に衰退。経営権が右往左往することになる。
1973年には配給権をユナイテッド・アーティスツに売り渡すが、1980年にユナイテッドが『天国の門』の歴史的大敗で破綻すると、逆にMGMがユナイテッドを買収し、MGM/UAとなった。
1986年、テッド・ターナー率いるTBS(ターナー・ブロードキャスティング・システム)の買収を受けるも、わずか74日後に再売買で元の鞘に戻る。ただし過去の版権の大半は、このときターナーの手に渡っている。
1997年にはオライオン・ピクチャーズを傘下に収めた。
2010年に連邦破産法11条の適用を申請。スパイグラス・エンターテインメントの支援で再建を試みている。

作品

先述したように、MGMは1986年にテッド・ターナーへ過去の版権を売却した。そのため、過去の作品の多くは、時間が経ってパブリックドメインになっているか、後にターナーが参入したワーナーブラザーズに渡っている。かつてMGMのアニメ部門でハンナ・バーベラが制作した『トムとジェリー』も同様である。
現在、MGMがソフト販売している映画のほとんどは、かつてユナイテッド・アーティスツが有していたものである。
オライオンに関しては、多くをMGMが、1979-1982年にワーナーブラザーズが配給した一部を同社が所持している。

MGM/UA

ゴーストワールド
スターゲイト
第9地区
ハンニバル(ハンニバル・レクター)
ワルキューレ
007シリーズ(継続)

旧MGM

雨に唄えば
オズの魔法使
風と共に去りぬ
高慢と偏見
ジキル博士とハイド氏(ジギルとハイド)
戦略大作戦
椿姫
トムとジェリー
ロミオとジュリエット
若草物語
2001年宇宙の旅

旧ユナイテッド・アーティスツ

黄金狂時代
キャリー
地獄の黙示録
チャイルドプレイ
十二人の怒れる男
レインマン
ロッキー(映画)
夕陽のガンマン
続・夕陽のガンマン
夕陽のギャングたち
西部悪人伝
007シリーズ

旧オライオン・ピクチャーズ

アマデウス
ターミネーター
バタリアン
羊たちの沈黙(ハンニバル・レクター)
プラトーン
ランボー
ロボコップ

関連タグ

映画 / 洋画 / アメリカ映画
企業

外部リンク

メトロ・ゴールドウィン・メイヤー - Wikipedia
Category:メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの作品 - Wikipedia
Category:ユナイテッド・アーティスツの作品 - Wikipedia
Category:オライオン・ピクチャーズの作品 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「MGM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163079

コメント