ピクシブ百科事典

風と共に去りぬ

かぜとともにさりぬ

マーガレット・ミッチェルの大河小説。およびそれを原作とした映画、舞台の邦題。
目次[非表示]

概要

Gone With the Wind(風と共に去りぬ)とは、マーガレット・ミッチェルによる長編小説である。1936年刊行。
1860年代のアメリカ南部を舞台に、激しい気性をもつ美女スカーレット・オハラの半生を描く。
ヴィクター・フレミング監督による映画版も傑作として名高く、1940年のアカデミー賞で9部門を受賞している。主人公スカーレットを演じたヴィヴィアン・リーと、レット・バトラー役のクラーク・ゲーブルの代表作ともなった。
舞台版も日本で人気の安定した演目となっている。

原作と映画版(1939年)の相違

本作の一般的なイメージを決定付けたのは1939年の映画版だが、この映画版と原作の間には、

  • 原作では主人公のスカーレット・オハラは「美人ではないが魅力的だった」と明記されており、少なくとも当時の規準からすると「わかりやすい美人」ではない。(きつめの顔、首は太く短かい、スタイルに関しては、胸は出てウエストは細いが背は低い、と美点・欠点の両方が有る、など)
  • 原作では主人公が生まれ育った「タラ」の家は、いかにもな豪邸ではなく、ある種の趣きは有るが、必要に応じて建増しされたのが見てとれるなど、利便性重視の野暮ったい外見として描写されている。
などの相違点が有る。
原作は「当時のアメリカにおける『恋愛もの』『かつての南部を舞台にした作品』の『御約束』『テンプレ』を無視またはわざと外している箇所が少なくない」のに対して、映画版は当時の「御約束」「テンプレ」準拠と言えるであろう。
この為、今日的な観点(ポリコレなど)から「風と共に去りぬ」を批評・批判する場合は、原作と映画版は分けて考える必要が有る。

関連動画



関連タグ

マーガレット・ミッチェル MGM 宝塚歌劇団

外部リンク

風と共に去りぬ - Wikipedia

関連記事

親記事

MGM めとろごーるどうぃんめいやー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「風と共に去りぬ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63363

コメント