ピクシブ百科事典

スカーレット・オハラ

すかーれっとおはら

『風と共に去りぬ』の主人公である。

概要

スカーレット・オハラとは、マーガレット・ミッチェルの長編小説『風と共に去りぬ』の主人公
映画版ではヴィヴィアン・リーが演じたことで、現在もこのイメージが浸透している。

若いころからその美貌で周りの男性を虜にしてきたが、彼女が想いをよせているのはアシュレ・ウィルクスのみ。
そんなアシュレがメラニー・ハミルトンと婚約すると自暴自棄となりメラニーの結婚
しかし彼は南北戦争死亡しスカーレットは未亡人となる。

タラを守るために妹の許嫁を強奪し二度目の結婚
そんな彼も報復の敵討ちの戦いで死亡

その後初期から散々腐れ縁だったレット・バトラーと三度めの結婚
しかしケンカが絶えず、流産がきっかけで夫婦仲は冷え切ってしまう。
最後はレット・バトラーも出ていくことになり、その時にレットの愛に気づくが時すでに遅し。
彼女はタラの復興を考えやり直す決意をすることになった。

南北戦争など歴史に翻弄されながらも力強く生きようとした女性として描かれている。

関連タグ

ヴィヴィアン・リー 風と共に去りぬ レット・バトラー

pixivに投稿された作品 pixivで「スカーレット・オハラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 580

コメント