ピクシブ百科事典

木曜日のフルット

もくようびのふるっと

木曜日のフルットとは、週刊少年チャンピオンの巻末で連載されている、石黒正数先生による漫画作品。
目次[非表示]

作品解説

半ノラネコのフルットと半飼い主の鯨井先輩とその周りの仲間が繰り広げる、
のんびり楽しいスローライフ。

登場人物(動物)


フルット

フルット!


白い縞模様の入ったネコ。本作の主人公。
自分ではノラネコと言っているが、人間に食べ物を貰ったり、部屋に寝泊りしている中途半端な状態。無益な争いを好まず、のんびりとした性格。

ブロン

きびしいノラネコ社会を生き抜いてきたフルットの先輩。
ナイフが得意。毛並みは紺色。

ウッドロウ

同じくフルットの先輩。
ノラネコだが博識。毛並みは茶色。

タマ

飼いネコだが、たまにノラネコたちとつるんでいる。
ときどきフルットに意地悪なことを言う。

デン

猫とは思えないほどの大きさと強さを誇る、ボス的存在。フルットのライバル。

トラ

デンの側近その1。右目に大きな傷がある。

クロ

デンの側近その2。名前の通りの黒猫。

ダニー

フルット


フルットの友達のノミ。よく豆知識を言う。

マリア

フルットのご飯を上空から狙うカラス。ツンデレっぽい。

ショコラ

フルットがペットショップにいた頃からの友達。現在は飼い猫。
密かにフルットへ思いを寄せている。

カッパ

とある池に住んでいるメスの河童。名前は不明。
ずる賢い性格で、あの手この手でフルットから魚をかっぱらっていく(カッパだけに)。

闇の商人

正体不明の謎の商人。
不思議な道具をハンペンと交換で譲ってくれるが、フルットはうまく使えた試しが無い。

登場人物(人間)


鯨井先輩(鯨井早菜)

木曜日のフルット


本作のもう一人の主人公。
定職に就かず、ノラネコのフルットに餌付したり、ギャンブルばかりやっているダメな女の人。
しかし、頭の回転が速く、なにかと生活能力は高い。
同作者作のそれでも町は廻っているに登場する紺先輩に似ている。

頼子(高見沢頼子)

赖子


鯨井先輩の後輩の女性。鯨井先輩が住んでいるアパートにやって来ては世話を焼く。
整体師として働いており、相手の体を触れば素性が分かると豪語する。家事は苦手。

白川先生

鯨井先輩と同じアパートに住む漫画家のおじさん。「狂闘先生!」という漫画を連載している。
よく鯨井先輩をアシスタントとして雇う。常識人の良い人。

管理人さん

鯨井先輩が住んでいるアパートの大家さんで管理人さん。
怖いもの知らずのおばあちゃん。

富竹さん

鯨井先輩と同じアパートに住む、ラーメン屋をやっているおじさん。
度々、鯨井先輩のあくどい手口の被害に遭う。

森田くん

鯨井先輩と同じアパートに住むミュージシャン。
歌は頼子曰く「ミュージシャンと思えないヘタっぷり」らしい。

間先輩

鯨井先輩の先輩の女性。雑貨チェーン店の社長。

沢村さん

白川先生を担当する編集者。かなりのコワモテ。

宍緒美弥子

占い師として働く霊能力者。その力は本物だが、少々抜けた性格をしている。

小ネタ

題字

毎話ごとに描き下されており、作中のエピソードに沿ったものや、騙し絵風になっているものなどバラエティに富んでいる。
またトニーたけざき中村佑介などの作者と親交がある作家がゲストとして描くこともある。

フィクションネタ

お馴染みの「この作品はフィクションであり・・・」という注釈と共に「ション」に絡めたダジャレが毎週掲載されている。
通常であればこの注釈は単行本になる際に省略されることが多いが、本作ではダジャレも含めてすべて収録されている。
ちなみにこのネタを考えているのは担当編集者である。

関連作品

それでも町は廻っている

関連イラスト

木曜日
鯨井先輩と白川先生



関連タグ

週刊少年チャンピオン 紺先輩

pixivに投稿された作品 pixivで「木曜日のフルット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 286756

コメント