ピクシブ百科事典

東京オリンピック(1940年)

とうきょうおりんぴっくせんきゅうひゃくよんじゅうねん

東京オリンピック(1940年)とは、大日本帝国の帝都・東京市で行われる予定であった第12回オリンピック競技大会。その歴史から「幻のオリンピック」とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

第一次世界大戦後、「五大国」の1ヵ国となった大日本帝国は、当時の有色人種国家において数少ない独立国であり、唯一の列強であった。そんな、国際情勢において日本にもオリンピック開催の機会が回り昭和11年(1936)IOCで東京市での開催が決定した。

しかし、昭和12年(1938)支那事変(日中戦争)の激化に伴い軍部内から開催反対の意見が出て、結局帝国政府は開催を返上した。

意義

もしも、開催していた場合史上初の有色人種国家によるオリンピック日本初のオリンピック開催となっていた。(後の1964年東京オリンピックで両方とも実現)

また、当時の帝国政府は1940年(=皇紀2600年)に合わせて「紀元二千六百年記念行事」を主催。(1940年は、神武天皇が即位してから2600年という節目の年であったため)
その行事のなかに、この東京オリンピックが含まれていた。また、冬季オリンピックも札幌での開催が決定しており、万博も東京での開催が決定していた。そのため、もしも実現していたら1940年は夏期東京オリンピック+冬季札幌オリンピック+東京万博となっていたはずだった。

関連タグ

オリンピック
東京オリンピック(1964)-戦後行われた有色人種国家初のオリンピック
東京オリンピック(2020年)-アジア初の再都市での開催
札幌オリンピック(1972)-有色人種国家初の冬季札オリンピック
長野オリンピック(1998)
大日本帝国東京

関連記事

親記事

オリンピック おりんぴっく

兄弟記事

コメント