ピクシブ百科事典

歓喜ノ舞

かんきのまい

歓喜ノ舞とは、俺の屍を越えてゆけ2のキャラクター

心の底から叫べ。パオーン!!

CV:最上嗣生
歓喜ノ舞とは、俺の屍を越えてゆけ2に登場する土属性の男神。
前作の俺屍にも「相翼院」にて彼らしき中ボスはいたが、今作では神として登場。
その姿はインドのガネーシャのような4本の手を持つ象。
天界では流れ夷三郎と共に罪人・夜鳥子の番人をしてきた。夜鳥子を「神を狂わせる女」と評し、彼女の泣き顔が忘れられなかったと言う。
昼子派の神で、夜鳥子を封じたのは当時最高神の夕子であったこと、現・最高神の昼子と夕子が対立した事を語ってくる。
夕子がゲーム開始時に雑魚鬼に封じられていることと上記の彼の台詞から、昼子と夕子は夜鳥子の処遇を巡り対立し、夕子が昼子によって鬼に封じられたことが推察出来る。

一ターン事に自らの属性を変え、同じ属性の攻撃を無効化するという珍しい戦闘スタイル。身体の色で属性がわかるので、物理攻撃か違う属性で攻撃しよう。

関連タグ

俺の屍を越えてゆけ2 俺屍2 ガネーシャ

コメント