ピクシブ百科事典

氷の魔物の物語

こおりのまもののものがたり

『氷の魔物の物語』(こおりのまもののものがたり)は杉浦志保による漫画作品(冬水社)。 1995年から外伝も含め2003年まで連載された全24巻(外伝1巻)の長編作品。 略称は「氷の魔物」「マモノ」など。

あらすじ

かつて北の魔物を総べていたブラッドは、60年前の寺院による魔物狩りで、洞窟の中に封印されていた。そして、「この世で一番純粋な涙の結晶」=死への恐怖に涙した粒こそ純粋な結晶と考え、その結晶(涙の宝石)の力で封印を解こうと、洞窟に迷い込んだ人間を殺していた。
そしてある時、洞窟を訪れた青年・イシュカの涙を狙おうとしたブラッドだったが、イシュカのマイペースさに拍子抜けしてしまい殺すことを諦める。
しかしイシュカは自ら、心臓を患っていて残り少ない命の自分を食べて欲しいと懇願する。
イシュカはそれから程なくして息を引き取ったが、その時地面へ落ちて行く彼を助けようとしてブラッドの氷の封印は解けてしまった。
ブラッドは自分でも気づかぬ内に、彼を亡くしたその悲しみに涙を流してしまう。その涙こそがブラッドが探していた「この世で一番純粋な涙」であり、イシュカはその力でよみがえる。
そして二人は共に旅をすることになる。

関連タグ

杉浦志保
SILVER_DIAMOND

pixivに投稿された作品 pixivで「氷の魔物の物語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18425

コメント