ピクシブ百科事典

浅葱裏

あさぎうら

羽織りなどの裏地に浅葱色の木綿を使うこと。また、そのような羽織を着ている人を指す言葉。
目次[非表示]

概要

江戸時代には羽織などの裏地として浅葱色の木綿を使うことが流行した。これを浅葱裏という。

しかし流行はいずれ廃れるものである。流行が廃れても田舎侍や生活が困窮していた下級武士などが羽織の裏地に浅葱木綿を使っていたため、遊里ではこうした羽織を着た武士を「浅葱(浅葱裏)」とあざけった。
女性にもてない男性の典型として、川柳などの題材にもなっている。

関連タグ

江戸時代 和服 羽織 浅葱色

外部リンク

浅葱裏(wikipedia)

コメント