ピクシブ百科事典

目次[非表示]

奇行が多い海洋生物部長

「おさかな……♪ うみがめ……♪ どざえもん……♪」
「『あいどる』は、『あぴーる』がだいじ。もっと『うみ』のこと、『あぴーる』できる『あいどる』になります♪」

プロフィール

ユニット流星隊
クラス3-B
部活海洋生物部(部長)
身長176cm
体重60kg
血液型B型
誕生日8月30日
お気に入りカメのぬいぐるみ
好きな食べ物醤油
嫌いお湯
家族構成不明
趣味海辺の散歩
特技手刀
CV西山宏太朗
キャッチフレーズ大海に浮かぶ深海魚☆ぷかぷか見守る海の使者


容姿

海を思わせる青い髪に、小さいアホ毛がチャームポイント。
3年生の中では身長も体重も真ん中くらい。

あんスタログ8


制服は特に着こなしに奇をてらったところはない。
ユニット衣装は、彼も好きな海の青色。全身青にしたいらしい。

概要


一人称ぼく
二人称あなた
三人称あのひと、あのこ
その他おてらのひと(敬人)、『こうてい』さん(英智)、あかおにさん(紅郎)、ごろつき(斑)、なっちゃん(夏目)
主人公てんこうせいさん

夢ノ咲学院3年生。『三奇人』のひとりで、海洋生物部の部長を務める。
おっとりしていてマイペースな不思議っ子。つかみどころがなく謎が多いが、仲間思いな性格。
海洋生物部の部室に巨大な水槽と謎の装置を設置したり、学院内の噴水で制服のまま水浴びをしたりと奇行が目立つため、教師からはよく睨まれている。
普段はのんびりしているがアイドルとしての技能は高く、ユニット『流星隊』の流星ブルーとして様々なパフォーマンスをそつなくこなす。

人物

高校3年生。三奇人の一人。

流星隊の名乗りは「あおいほのおは、しんぴのあかし! あおいうみからやってきた~♪ りゅうせいぶるう! しんかいかなた……☆」。

戦隊ものであるユニットには縁遠いように見え、おっとりしている。のんびりとした柔らかな口調で、誰に対しても敬語で喋るほか、ゲーム内の台詞はほぼ全てひらがなで表記されている(唯一の例外は千秋と初めて出会った際に覚えた「ヒーロー」のみ)。
水と海を愛しており、学院前の噴水で水浴びをする姿が頻繁に目撃されている。ただし本人は泳げず、噴水で水浴びという妥協策を取っているらしい。
部室で飼っている海の生き物は家族として大切にしており、海洋生物の話題になると過剰にテンションが上がる。なお、食べることに躊躇はない。海洋生物以外にはあまり興味がないようだが、みんなのことを好ましく思い、見守っているようである。

新章では引き続き「流星隊」の一員として活動。寮の同室は燐音と日和。
実家のあおうみ水族館の宣伝にもあたっている模様である。

主要な人間関係

守沢千秋:流星隊の隊長にして、同じ三年生。奏汰が「にんげん」になろうとするきっかけになった少年でもある。詳しくは「流星の篝火」を参照されたい。ともに「こどもたち」たる鉄虎、翠、忍への接し方を模索する間柄。抱え込みがちな千秋に「ちょっぷ」をしたりと副隊長として千秋を支える。

三毛縞斑:幼馴染であり、温厚な奏汰が唯一容赦のない物言いをする相手でもある。元流星隊副隊長。斑を尊敬する千秋に対し、「そんけいするところなどない」と切り捨てるような表現はしているが、家の事情や流星隊加入までの過程で一応感謝はしているらしい。

羽風薫:海洋生物部部員。女好きで、男に対しては雑な対応をするが奏汰とは仲が良い。癒しの対象として転校生と共に奏汰の名前を挙げている。

神崎颯馬:海洋生物部部員。かなり尊敬されているが実は家同士かなり深いつながりがある。


過去

1年前の夢ノ咲学院での「五奇人」としての扱いや千秋との出会い、斑との過去は「流星の篝火」で語られるが、追憶ストーリーとなるため核心に近い描写が多く、できる限り他のストーリーを読んでから臨まれたい。

イベント『爆誕☆五色に輝くスーパーノヴァ』において、過去の奏汰の様子と守沢千秋との関係に言及されたが、その内容は
・昔は誰とも馴れ合わない個人主義を貫いていた。
・千秋はただの暇つぶしに眺めているだけ。
・放っておかれるとつまらないから、悪い子になってしまう
・奏汰は千秋に夢を叶えてもらった
…といった意味深なものであった。

『スカウト!エキセントリック』においては、「おうち」の話がよく出てくる。
・趣味の海洋生物グッズは、「おうち」にもって帰ると「ぼっしゅう」されてしまう
・(五奇人の友達には)「おうち」のことは忘れてほしい

また、蓮巳敬人のことを毛嫌いしており、
・あなたのいうことは、ききません。もう、にどと……(『暗躍!月影の風雲絵巻』雲の巻/第三話)
・あそこの『おてら』とはむかしから『いんねん』がある
・おおむかしから、ほとけさまとかみさまはなかがわるい(『バトンタッチ!涙と絆の返礼祭』祝福と返礼/第二話)
と発言している。




「ドロップ*遠い海とアクアリウム」「流星の篝火」ネタバレ注意!





以前から自身のことを「いきがみさま」であり、「しんじゃのひと」がたくさんいると言っていたが、このイベントストーリーによって家庭事情が一部明かされる。深海家は一説では「大海を支配する一族の末裔」「海とともに生きた超古代文明の子孫」とも噂される一族で、奏汰は当主であるという。奏汰が海の生き物に好かれるのはこれが理由のようだ。
夢ノ咲学院の周囲の地域の富裕層はかつてこの一族を人柱のようにして繁栄したと言われており、御伽噺のようにも思えるが実際に地域の有力者たちは奏汰の一族を尊重している。
奏汰は家族と仲が悪いわけではないが、母親には「あまりあったことがない」という。また、両親は家では特殊な格好をしているらしく、外で一般的な服装をしていれば「ふつうのひとたち」であるようだ。
また、夢ノ咲学院に程近く、学院の生徒達もよく通っている水族館(あおうみ水族館)を経営しているのも深海家である。
三毛縞家は父が警察官であることから幼い頃から出入りしたが、ほぼ信者のようなものらしい。斑自身は奏汰の立場を良いものと捉えていない。

神崎家とは深いつながりがあり、神崎家はだいだい"わるいもの"が蔓延った際に「神を斬る」という役目が与えられている。

流星隊に所属する際「家庭について一切聞かない」という条件をつけたが、これは自分の家が特殊であるが故に周囲を巻き込まないための配慮でもあったようだ。

関連イラスト

あんスタLOG
あんスタログ5


ぷかぷか
無題


あんすタlog⑩
おめでとう



関連タグ

あんさんぶるスターズ! 

グループタグ

流星隊 海洋生物部 3-B

トリオタグ

三奇人

関連記事

親記事

流星隊 りゅうせいたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「深海奏汰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28169183

コメント