ピクシブ百科事典

五奇人

ごきじん

「あんさんぶるスターズ!」に登場する、かつて最強だった5人の総称。
目次[非表示]

抗争前学園で最強だった5人。現在は三奇人になってしまった。

概要

吸血鬼朔間零、ぷかぷかの深海奏汰、変態仮面日々樹渉三奇人に加え、人形師斎宮宗、魔法使い逆先夏目を加えた5人である。それぞれ相当な実力をもち、天祥院英智に倒されるまでは学園を牛耳っていたと言われる。

『奇人』という呼び名は彼らが自ら名乗っていたものではなく、彼らのイメージを操作するため英智が広めた作為的な呼称である。ゴ●ブリと語感が似ているのも作戦。


抗争時代、零はデッドマンズ、宗は当時は3人組ユニットだった旧Valkyrieに所属していたことが明らかになっているが、奏汰・夏目の元所属ユニットは謎に包まれている。渉はドリフェスに参加する際人数合わせに"ホッケーマスクくん"を連れていたため、無所属と考えられる。


零曰く「宗と夏目は人の範疇に留まっているが、三奇人は人外になってしまっている」という。


以下ネタバレ






英智はありとあらゆる手段で彼らを潰し学園のトップに君臨し、奇人たちは変わり果ててしまった。
零は当時大神晃牙も憧れる俺様口調の生徒会長で、奏汰は今の温厚さからは考えられないが"わるいこ"だったらしい。
渉も当然英智の敵であったが、今は何故かfineに移籍している。彼がどういった気持ちで英智の傍にいるのかは、これもまた謎である。

「五奇人」という存在は、英智が腐敗した学園の革命のために、大衆を束ねるための共通の敵として実力者達を生贄に作り上げたものだった。
元々の構想は「三奇人」だったが、「三貴子」に準ずる三奇人は物語として完璧すぎるため、芸能界や教師からの評価も高い斎宮宗、一学年からは逆先夏目を選抜し五奇人とした。

英智はまず五奇人を混沌とした学内における偉大なる中心・有名人として盛り立て、零に代わり生徒会長として実権も握ると情報操作と根回しによって彼らの評価を反転させた。彼らを諸悪の根源とすることで、努力もせず世間からの評価が下がっていく一方だった夢ノ咲学院は一つになった。ユニット制度は強大な個の弱体化、ドリフェスのシステムは操作可能な可視化された数字による大衆操作が目的だった。
五奇人は孤立し、fineは革命の担い手として正義の存在となった。

一方で、皮肉にも五奇人たちは”「個人」であった天才達が「五奇人」として括られた”が故にかけがえのない生涯の友人たちに巡り会うこととなった。

斎宮宗は舞台の音響を停止させられ、芸術と人格を破壊された。
逆先夏目は他の奇人から守られる形で戦線から遠ざけられた。
朔間零は強すぎるため戦わずに殺す手段が取られ、その博愛の人間性に付け込まれた。
最後に倒されたのは英智の憧れであった日々樹渉。
渉は英智が作り上げた台本を受け入れ、舞台で悪役としての五奇人の最期を全うし、五奇人は死んだ。

「友よ、麗しき青春の日々よ……。また逢う日まで、さようなら」


関連イラスト

無題
五奇人


五奇人
5!



関連タグ

あんさんぶるスターズ! 三奇人 天祥院英智

pixivに投稿された作品 pixivで「五奇人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3041577

コメント