ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演技力抜群の『変態仮面』?

「Amazing!今日も宇宙に愛の囁きを……☆ あなたの日々樹渉です!」
「素晴らしきアイドル! 私の愛と驚きをもって、高らかに歌いましょう☆愛と輝きの世界のために!」

プロフィール

ユニットfine
クラス3-B
部活演劇部(部長)
身長179cm
体重63kg
血液型AB型
誕生日2月21日
お気に入り仮面コレクション
嫌い不明
家族構成両親・鳥
趣味他人のモノマネ
特技手品
CV江口拓也
キャッチフレーズ愛と驚きの変態仮面


概要


一人称
二人称あなた
三人称彼・彼ら
その他愛すべき同胞たち(奇人)、右手のひと(敬人)、姫君(桃李)、執事さん(弓弦)等
主人公転校生さん

気まぐれでつかみ所がなく、独特の世界観を持っている『三奇人』の一人。突飛なパフォーマンスで周囲を驚かせるのが趣味。よく仮面をつけているせいで、部員から『変態仮面』と呼ばれている。(公式アプリプロフィールより)

三人称について、あまり他人の名前を呼ばず(『誉れの旗 栄冠のフラワーフェス』参照)あだ名を用いていることが多い。
現在名前で呼んでいることが確認できるのは演劇部員と五奇人、他は英智、敬人、千秋、薫である(薫は当初あだ名で呼んでいたが薫側の要望により名前呼びに。敬人については、冬以降にあだ名から名前呼びに変化している)。

容姿

髪は薄水色(銀髪)の超ロングヘアで、左サイドにハーフアップしたお団子と、左前に垂らした三つ編みが特徴的。
身長は全キャラクター中2番目に背が高く、華のある青年。

あんスタLOG
Amazing Birthday...⭐︎


制服をロングコート風に改造し、紳士らしさがあるベストやウィングチップのコンビシューズを着用。
ユニット衣装はネクタイをワンポイントとし、結び方は華やかなシーンで好まれるエルドリッジ・ノット。
彼の遊び心や個性がここからも見て取れる。

詳細

高校3年生。
愛と驚きが代名詞。目立ちたがり屋でいつもテンションが高く、子供っぽい反面達観した発言も多い。
学院における3人の天才、三奇人にも数えられる実力者。入学試験の成績は学院史上最高得点であった。

ユニットは「fine」に所属。所属に至った詳しい経緯は明らかになっていない。
天祥院英智のことを「皇帝陛下」と呼び、彼の「左手」を自称。英智の「右手」である敬人のことはライバル視している。英智には「僕の渉」や「僕の永遠のアイドル」と言われたり、誕生日に気球をプレゼントされるなど寵愛を受けている。
当初はユニット活動に消極的であったが、後輩である姫宮桃李の将来性に期待してスパルタ指導を行うなど、徐々にユニットに愛着を持つようになっている。

部活は演劇部で、部長を務める。奇行で部員を苦しめることもしばしばだが、その技術と演劇への熱意は本物。声帯模写により複数の役を演じ分けたり、女装をして女役を演じたりと幅広い役柄をこなす。
演技に対してはシビアであり、大女優の息子である氷鷹北斗にも厳しく指導する。
自分に憧れて入部してきた真白友也には期待しているようだが、女装を強要したり生身でサファリパークに置き去りにしたりと容赦ない教育をしているため、逃げ回られ嫌悪されている。
上記二人の後輩から普段はぞんざいに扱われているからか、時折下級生から純粋に懐かれると照れて挙動不審になる。

五奇人はかけがえのない友人。
とりわけ逆先夏目は「師匠」と呼んで彼のことを慕っていた。

抗争時代

以下、ネタバレを含みます

1年前の渉は現在と髪型が違い、お団子の代わりにもう一本三つ編みを結ってポニーテールにまとめていた。また、髪色のグラデーションも異なる。

五奇人の全盛期には、なずなが「空気を読まずに、ドリフェスじゃなくて演劇ばっかりしてるっていう、変わり種」と言及している(『追憶 マリオネットの糸の先』)ように、ユニットには所属せず、アイドル活動より演劇を優先していた。

しかし、秋に行われたValkyrieと旧fineのライブ対決を皮切りに英智による学院改革として「五奇人」の処刑が始まる。
渉は演劇科とも切り離され孤立無援となり、次々と倒されていく五奇人の最後の一人として、自ら英智のシナリオに沿う形で『悪役』を演じきった。

その後、五奇人は三奇人に減り、渉は敵であったfineに所属。
最後の処刑の舞台に北斗を「謎の怪人ホッケーマスク」として上げることで意図せず彼に革命の動機を与えたり、なずなに助言しRa*bitsの結成に一役買うなど、現在に繋がる学院の歴史において重要なポジションを担っている。

過去

以下、ネタバレを含みます

「みんな、日々樹渉の芸を見て文句を言うのです。『高尚すぎて、理解できない』とね! あっははははは……☆」

『対決!華麗なる怪盗vs探偵団』のエピローグにて、渉は友也に自分の過去を吐露する。
拾われ子であった彼は、育ての親や周囲への感謝から、自らの芸で人々を喜ばせたいと思っていた。最初は皆天賦の才を持つ渉の素晴らしい芸に喜んでくれたが、人間は同じものにはすぐに飽きてしまう。彼はそれを恐れて、飽きられないように努力を積み重ね続けた結果、周囲の期待を通り越して人々が理解できない高みにまで昇ってしまった。
大切な人たちを喜ばせたいという思いが、渉を孤高の人にしてしまったのだ。
渉は「これは笑い話ですよ」と茶化したが、その瞳には涙が滲んでいた。

関連イラスト

☆
感動 Show time!


英智と渉
雨


わ た る
あんさんぶるになるまで



関連タグ

あんさんぶるスターズ! fine 

トリオタグ

演劇部(あんスタ) 三奇人

関連記事

親記事

fine(あんスタ) ふぃーね

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日々樹渉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20553535

コメント