ピクシブ百科事典

目次[非表示]

モデル業界出身の頼れる美少年!
「僕は遊木真っていうんだ、よろしくね!ウッキ~でいいよ!」
「僕も前に進むよ。誇れる自分になってみせる。だって……アイドルになったんだから!」

あんさんぶるスターズ!

ユニットTrickstar
クラス2-A
部活テニス部
身長173cm
体重58kg
血液型O型
誕生日4月30日
お気に入りスマート端末
嫌いエビ・魚類
家族構成
趣味UFOキャッチャー、格ゲー
特技電子機器いじり
CV森久保祥太郎
キャッチフレーズトークも眼鏡もダテじゃない?!


概要

Trickstarのメンバー。2年生で主人公と同じクラスである。
元気なムードメーカーを装っているが、実は口下手。明星スバルのノリに合わせてひょうきん者を装っており、氷鷹北斗から「アホコンビ」と言われているものの、どこかから回りがちで女の子とふたりきりで話すのも苦手。本人は口下手を克服しようと、積極的に努力を心がけアイドルを目指している。

容姿は金髪翠瞳で柔らかな印象がある。青い眼鏡はチャームポイント。
可愛らしい容姿であるがその実Trickstarの中で最も身長が高い。実は誕生日も一番最初。
サインはフルネームで「遊木真」と書かれたものを使用していて、“真”の文字の真ん中がにこちゃんマークになっている。

放送委員で機械の扱いが上手く、情報収集能力に長けている点が彼の頼りにされるところ。情報機器に限らずゲームなども得意なようで、凄腕のゲーマーでもある。
歌と踊りは他のメンバーと比べると劣るところがあるが、ひたむきな姿勢で仲間に追いつこうと努力している。ただ集中力があるが、我慢のリミッターやブレーキが壊れ気味の為、メンバーや先輩によく心配されている。


過去
幼少期親に無理矢理キッズモデルをやらされており、心のバランスを崩してしまったようでカメラを向けられるのが苦手だった。メインストーリー第1部冒頭ではモデルの話題も地雷であり、モデルを辞めたことで家族ともあまりうまくいっていなかったよう。だが、克服しようと努力を重ねた結果、年末の『SS』頃には恐怖心と闘いながらも毅然と向き合えるまでに成長した。ちなみに当時を知る先輩の瀬名泉に何故か執拗につきまとわれていて、遭遇するたびに逃亡している。『あんさんぶるスターズ!』屈指のめんどくさ…複雑な関係の二人ではあるが、幼い頃は仲良くやっていたようである。


あんさんぶるスターズ!!

「レンズ越しは僕の世界♪」
「欲しい情報があったら何でも言ってね」


事務所STARMAKER PRODUCTION
ユニットTrickstar
クラス3-A
部活テニス部(部長)
身長174cm
体重58kg
年齢18(7/1時点)
誕生日4/30
趣味UFOキャッチャー、格ゲー
特技電子機器いじり
キャッチフレーズレンズ越しは僕の世界♪

概要

「あんさんぶるスターズ!」から一年が経った世界。
真は高校3年生になり、テニス部部長、放送委員会委員長、情報部部長と様々な役職を担うようになった。
朗らかで親しみやすい性格。これまで様々な困難を乗り越えてきた結果か以前よりもずっと逞しくなった。頼りがいも増しており、なぜかズ!!になってからボケに磨きが掛かりまくった仲間相変わらず唐突にコントを仕掛けてくる仲間に鋭いツッコミを入れたり、ズ!!になって多忙さに拍車がかかった仲間を心配して助けたりと、初期よりも大きく成長した姿が見受けられる。相変わらずな先輩の扱い方も手馴れてきた。
今も変わらず掛けている青い眼鏡はチャームポイント。
明るく愛嬌のある歌声を持ち、パフォーマンスは細やかで柔軟性がある。
部活とは別にサークルである「クラフトモンスター」と「神秘部」にも所属している。部長を務める情報部はES内のデジタル分野を統括する部署で、扱いはサークルと同列らしい。

以前は苦手だったカメラにも最近は撮る側として興味を向けるようになった。撮影技術を磨きたいといった発言をしていたり、卒業アルバムに載せる写真の撮影係に立候補したりと、新たな考えで真なりに向き合っているようだ。

また、ズ!!になってから映像作品での活躍が大幅に増えた。しかも今のところ全て主役級の役に抜擢されている。本人曰く「人が求める姿を演じるのには慣れている」とのこと。それにしても本来の性格とは全く異なる役も演じてしまうのだから驚きである。


ユニット外での活躍


・XXVeil

midnight butlers



『あんさんぶるスターズ!!』のイベント、『SHUFFLE×夜の帳とバトラー』において発表されたシャッフルユニット。メンバーは真、「瀬名泉」、「仁兎なずな」、「神崎颯馬」、「HiMERU」の5人。事務所横断企画で映画『真夜中のBUTLERS』を撮影することになり、真はその主役として選ばれた。真の『役者』としての姿、そして様々な苦難を乗り越えて成長した”芯”の部分が輝くストーリーである。
ちなみに、真と共にダブル主演を務めた泉だが、この二人というまさかの組み合わせに全国のプロデューサーが驚愕したのは言うまでもない。(泉役の伊藤マサミ氏も驚いたらしい)
色々な意味で気になる二人だが、ストーリー中では今と昔の変化を感じさせる非常に興味深い展開が繰り広げられた。(だから『不正シャッフル』とか言ってはいけない)



・あんさんぶるスターズ!!-Road to Show!!-

僕たち、世界へ羽ばたきます!

『あんさんぶるスターズ』初となる映画、「特別上映版『あんさんぶるスターズ!!-Road to Show!!-』」
真はなんと主役として出演した。

~あらすじ~
ニューヨークで毎年行われるアイドル映画の祭典、アイドルフィルムフェスティバル(IFF)に『桃源郷偶像劇』、『真夜中のBUTLERS』、『La Mort』がノミネートされ、その授与式に代表のアイドルたちが参加することになる。真は代表メンバーの一人として選ばれ仲間と共にNYへ向かうが、そこでは思いもよらない展開が待ち受けていて……?!
ドタバタでハチャメチャ、ゴージャスでドラマチックなあんスタ!!の映画はただいま絶賛公開中!!

眼鏡を外すと…


















rkgk




恐ろしいほど印象が変わる。
作中でも「眼鏡の下は美少年」と言われているが、普段の親しみやすく可愛らしいイメージからは大きく異なった精悍な顔つき、どこか近寄りがたさを感じさせるほどの美しさを秘めている。
とはいっても本人が率先して眼鏡を外すようなことはない。過去のトラウマから自分の素顔に嫌悪感を抱いていたというのもあるが、「今の眼鏡を付けている自分を気に入っているから」らしい。それ故この眼鏡を外した姿はレア中のレア。もちろん眼鏡を外したスチルが公開された日にはファンに激震が走る。

関連イラスト

ゆうくん
綺羅星の輝き


お誕生日おめでとう
☆☆☆


Crossing×Heart
おめでとう


関連タグ

あんさんぶるスターズ! Trickstar

関連記事

親記事

Trickstar とりっくすたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「遊木真」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「遊木真」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32198407

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました