ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
渡邊オサムとは、漫画「テニスの王子様」のキャラクターである。

CV:遊佐浩二

テニミュキャスト:2nd:君沢ユウキ 3rd:碕理人


プロフィール

プロフィール

学校四天宝寺中学校教師テニス部監督
年齢27歳
身長177cm
体重63kg
血液型O型
誕生日3月6日
星座魚座
利き手
家族構成実家に父、母、妹、姪
愛用メーカー:シューズ/ラケットellesse TN161/近くにいる部員のラケット
趣味競馬、麻雀
担当教科国語
座右の銘いつも心にビリケンを
好きな食べ物コロッケ蕎麦、ソーメン
好みのタイプ気ィの利くお嬢さん募集中や!
行きたいデートスポット馬…やのうて道頓堀
今一番ほしいものアパートに風呂(銭湯通い)
苦手なこと(もの)学生時代の話題
好きな記念日アイツら全員がお笑いミニテストで90点以上取った日

概要

概要

四天宝寺中学校男子テニス部監督。

関西人らしくノリが良く、部のスローガン「勝ったモン勝ちや!」を提唱しているのも彼である。

無精髭を生やし、薔薇柄のチューリップハットをかぶり、煙草を吸う(室内では爪楊枝に変わる)など、一見して中学校教師かつ運動部顧問とは思えない独特のファッションセンスの持ち主。

コンビニ弁当を食すことが多いため、食生活が偏る事を懸念した保健室の先生や白石蔵ノ介に叱られているのを金色小春が目撃している。


選手からは「オサムちゃん」と呼ばれている。白石蔵ノ介部長に任命しガントレットを授けた他、金色小春一氏ユウジにダブルスなのだからずっと一緒にいるように命じるなど、彼らを変えた人物でもある。

勝ったら流しソーメンと言っていた準決勝は破れたものの、死力を尽くし戦った部員達の為に流しソーメン大会を開催した。


新テニスの王子様15巻の特別読切では自分の当てた宝くじでクルーズ客船を貸し切り、中学生らと日本代表の応援に駆けつけている。


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

テニスの王子様

四天宝寺(+白石蔵ノ介遠山金太郎忍足謙也財前光金色小春一氏ユウジ千歳千里石田銀小石川健二郎

CV:遊佐浩二

テニミュキャスト:2nd:君沢ユウキ 3rd:碕理人


プロフィール

プロフィール

学校四天宝寺中学校教師テニス部監督
年齢27歳
身長177cm
体重63kg
血液型O型
誕生日3月6日
星座魚座
利き手
家族構成実家に父、母、妹、姪
愛用メーカー:シューズ/ラケットellesse TN161/近くにいる部員のラケット
趣味競馬、麻雀
担当教科国語
座右の銘いつも心にビリケンを
好きな食べ物コロッケ蕎麦、ソーメン
好みのタイプ気ィの利くお嬢さん募集中や!
行きたいデートスポット馬…やのうて道頓堀
今一番ほしいものアパートに風呂(銭湯通い)
苦手なこと(もの)学生時代の話題
好きな記念日アイツら全員がお笑いミニテストで90点以上取った日

概要

概要

四天宝寺中学校男子テニス部監督。

関西人らしくノリが良く、部のスローガン「勝ったモン勝ちや!」を提唱しているのも彼である。

無精髭を生やし、薔薇柄のチューリップハットをかぶり、煙草を吸う(室内では爪楊枝に変わる)など、一見して中学校教師かつ運動部顧問とは思えない独特のファッションセンスの持ち主。

コンビニ弁当を食すことが多いため、食生活が偏る事を懸念した保健室の先生や白石蔵ノ介に叱られているのを金色小春が目撃している。


選手からは「オサムちゃん」と呼ばれている。白石蔵ノ介部長に任命しガントレットを授けた他、金色小春一氏ユウジにダブルスなのだからずっと一緒にいるように命じるなど、彼らを変えた人物でもある。

勝ったら流しソーメンと言っていた準決勝は破れたものの、死力を尽くし戦った部員達の為に流しソーメン大会を開催した。


新テニスの王子様15巻の特別読切では自分の当てた宝くじでクルーズ客船を貸し切り、中学生らと日本代表の応援に駆けつけている。


関連記事

親記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • 【オサ蔵】黒板【自主ワンライ】

    フォロワーさんからお題頂いて、オサ蔵ワンライしました。ありがとうございました
  • ★小説サンプル

    【書店委託開始】CC大阪100新刊サンプル【四天宝寺卒業本】

    1/11 インテ新刊 6C に81b / LE 四天卒業本。(表紙サンプル:http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=47946412)←目次も入ってます。 文庫サイズ / 98P / フルカラーカバー付 オサムちゃん、白石、財前メイン寄りの小石川含め全員登場するオムニバス本。 三月六日のオサムちゃん誕生日から、卒業式までのお話が詰まってます。 ★BOOTH https://loveater.booth.pm/items/2426754
  • 無配①榊オサ 甘い

    無配として頒布していた短めの小説です。 てにみゅさーど四天の凱旋公演が2月だったので、バレンタインのお話。
  • 金魚と熱

    診断メーカー様「オサ蔵の夏。水の入った袋で踊る小さな金魚に見とれていた君が、眩しくて、目隠しして口づけた。 https://shindanmaker.com/545359 」からの勢いで。 ざっくり設定を説明するとまず、付き合ってません。両想いだけど白石の想いに応えるわけにはいかないと葛藤してるオサムちゃんと全て理解してそれでも堪えられない白石。 本当はもっと以前から捏ねくりまわし過ぎて発酵しかかっている順を追った話があるのですがいつになるのかわからないのでひとまずこれだけ。
  • 【オサ光】渇望

    オサ光 以前サイトに上げていたもの(捧げものでした)
  • 【オサ光】ジェラシーに口付け

    オサ光+蔵 以前サイトに上げていたもの。http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1368224 の後の話。
  • 【蔵オサ】ふぃぎゅあっと!2

    !パロ注意!白石がフィギュアでまたおっきくなっちゃって!みたいな話。苦手な方はご注意ください。 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2476027のつづき
  • 此処は羽ばたく時までの ―― 四天宝寺 ――

    蒼の孤独は空高く

    8/15 ※『本編』シリーズの今後の展開への肉付けに、原作時間軸の、不定期氷帝中編連載 『透明な冠』シリーズ始めました。 (https://www.pixiv.net/series.php?id=1005013)(氷帝側は大凡2週間に1度更新程度で安定しそうです。もちろん早くなることも遅くなることもあります。2週間と言うか、月に最低2回筆が進めば3回みたいな感じに思っててください) こちらは単純に氷帝シリーズとしても読めるように書くつもりですが、このシリーズそのものが、『四天宝寺本編シリーズ』の今後の描写を肉付けするための挿話の位置付けでもあります。 前から言ってますが世界観は旧テニ。新テニはほぼなかったことで、特別召集というモノがあったとか、都合いいとこだけ。(下記の説明にあるシリーズを順番に読んでいただけるとこのあたりもわかります) このお話、というかこのシリーズは、『明日への始まり』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=258547)→『あの日未来だった現在 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=478595)→『君が微笑う夏 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=702850)→そしてこのシリーズ、と続いているシリーズと続いています。 この、『明日への始まり』からの一連のシリーズが『四天宝寺本編シリーズ』になります。 『明日への始まり』から上から順に読んでいることが前提の話ですので既に出てきているオリキャラの名前が出てきても特別説明は入りません。 全ての根幹は『明日への始まり』シリーズの中にある 『遥か、蒼の夢に』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2471725)です。 『遥か、蒼の夢に』を前提にした表現は何度も出てきますので読み返しやすさの観点から、このお話はブクマ推奨です。 その他、個別ブクマはもちろん自由です。 読み返しやすさを考えると『遥か、蒼の夢に 第1章』はブクマしておくと便利ですよというお知らせがてらの推奨なだけですから。 さらにいえば、番外編シリーズに『月影』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4321542)という、『遥か、蒼の夢に』を銀さんと小石川主体で書いたものがあります。 こちらでは『遥か蒼の夢に』では省略させていただいた石田vs河村戦の心境なども書いております
  • オサ蔵オサ/ぱ

    オサム「ぱ……ぱって言うたら、パセリ、パン……やなくてパンナコッタ、パルメザンチーズ、パジャマ……パンツ。あかん、何考えてもパンツが出てくる。今しりとりはあかんわ。しかもなんでぱ縛りやねん!パセリ、やなかった大石川とやってきてや〜!」 ※左右の表現はありませんが、そういう関係であることがはっきり出てきますのでご注意。 あとがき 15、18ときたら21くらいの話でしょう!!!とぶっ飛んだ話が書きたくて書きました。 読み終えた時にとある単語が頭から離れなくなる呪いをかけました。……いや書く前にこの単語叫ぶオサムちゃんのなんとも言えない顔が頭から離れなかったので、みなさんに共有してほしくて書きました!!なんでそんなセリフ言い出したんだ脳内のオサムちゃん!? 最初は白石のパンツ洗ってるうちにジョウジー思い出して赤面する展開とかむらむらむら〜展開考えてたのに、生活力や場数の関係で淡々と洗い物して出かけてしまったなんてこったい!! 白石と住むことは考えてなかったけど、泊まりに来て別々の布団で寝たり、白石が勉強したりなんやかんやできるスペースつくりたくて二部屋つきの部屋を昨年借りた、って設定。今のところ来客用(白石専用)の布団や普段使わない机や冬物のコートとかなんやかんや詰め込んだ物置になってるらしい。白石にこの部屋使ってええでと言えるほど一緒にいられる時間がなくなってちょっとさみしい33のオサムちゃん。 ちなみにパセリはセリ科の二年草で洋食の付け合わせに使うものです。余ったら天ぷらにして塩かけると美味しいので、小石川のこと考える時には是非。(オサムちゃんが小石川の名前間違えるのはネタなのか他に似た名前の知り合いがいるのかどっちだろう?教職についてると大量の名前覚えないといけないので混乱しますよねわかります)
  • オサ蔵オサ/鉄のオサムちゃん

    絶対にキスをしたい白石と 絶対にキスをしたくないオサム。 あとがき 鉄のオサムって単語が頭から離れなくて書きました。
  • 2:15

    榊オサ。 急に熱が出たもので一気に書き上げてみました。オサがかなり女々しい。
  • 明日、ボクに翼が生える ―四天宝寺―

    そこはもうすぐ君のモノ ~ 気づくのはもうすぐで~

    私の作品を初めて読まれる方は、これだけ読んでもわけわかりませんので、とりあえずこの話を読んでみて雰囲気が気に入ったら、このキャプションを最後まで読んでください。 2018/8/15 ※『本編』シリーズの今後の展開への肉付けに、原作時間軸の、不定期氷帝中編連載 『透明な冠』シリーズ始めました。 (https://www.pixiv.net/series.php?id=1005013)(氷帝側は大凡2週間に1度更新程度で安定しそうです。もちろん早くなることも遅くなることもあります。2週間と言うか、月に最低2回筆が進めば3回みたいな感じに思っててください) こちらは単純に氷帝シリーズとしても読めるように書くつもりですが、このシリーズそのものが、『四天宝寺本編シリーズ』の今後の描写を肉付けするための挿話の位置付けでもあります。 前から言ってますが世界観は旧テニ。新テニはほぼなかったことで、特別召集というモノがあったとか、都合いいとこだけ。(下記の説明にあるシリーズを順番に読んでいただけるとこのあたりもわかります) このお話、というかこのシリーズは、『明日への始まり』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=258547)→『あの日未来だった現在 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=478595)→『君が微笑う夏 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=702850)→『此処は羽ばたく時までの ―四天宝寺―』シリーズ(https://www.pixiv.net/novel/series/969030)→そしてこのシリーズと続いています。 この、『明日への始まり』からの一連のシリーズが『四天宝寺本編シリーズ』になります。 『明日への始まり』から上から順に読んでいることが前提の話ですので既に出てきているオリキャラの名前が出てきても特別説明は入りません。 全ての根幹は『明日への始まり』シリーズの中にある 『遥か、蒼の夢に』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2471725)です。 『遥か、蒼の夢に』を前提にした表現は何度も出てきますので読み返しやすさの観点から、このお話はブクマ推奨です。 その他、個別ブクマはもちろん自由です。 読み返しやすさを考えると『遥か、蒼の夢に 第1章』はブクマしておくと便利ですよというお知らせがてらの推奨なだけですから。 さらにいえば、番外編シリーズに『月影』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4321542)という、『遥か、蒼の夢に』を銀さんと小石川主体で書いたものがあります。 こちらでは『遥か蒼の夢に』では省略させていただいた石田vs河村戦の心境なども書いております
  • 幸せ恐怖症財前くん

    それでもいつか、もうすぐそばに

    大変お待たせしました!かなりお待たせしましたシリーズ7作目です。 今回は小石川副部長とオサムちゃんのターン。副部長は正直口調が全く分かりませんでした。 そして次回こそ、次回こそは合宿に舞台が移ります! 多分あの時の財前くんに一番近かったのは、紛れもなく彼だったのです。
  • 此処は羽ばたく時までの ―― 四天宝寺 ――

    優しい嘘を御守りに ~蒼い試練を超えていく~

    このお話だけ読んでもわけわかりませんので、とりあえずこのお話を読んで雰囲気を気に入ってくださり、ちゃんとお話を読みたいと思ってくださった方はまずこのキャプションを最後まで読んでください。 前から言ってますが世界観は旧テニ。新テニはほぼなかったことで、特別召集というモノがあったとか、都合いいとこだけ。(下記の説明にあるシリーズを順番に読んでいただけるとこのあたりもわかります) このお話、というかこのシリーズは、『明日への始まり』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=258547)→『あの日未来だった現在 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=478595)→『君が微笑う夏 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=702850)→そしてこのシリーズ、と続いているシリーズで、 『明日への始まり』から上から順に読んでいることが前提の話です ですので既に出てきているオリキャラの名前が出てきても特別説明は入りません。 シリーズはすべて、読んでほしい順に並んでいますので、掲載日に関わらず上から読んでここまでたどり着いたうえでお読みください 全ての根幹は『明日への始まり』シリーズの中にある 『遥か、蒼の夢に』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2471725)です。 『遥か、蒼の夢に』を前提にした表現は何度も出てきますので読み返しやすさの観点から、このお話はブクマ推奨です。 その他、個別ブクマはもちろん自由です。 読み返しやすさを考えると『遥か、蒼の夢に 第1章』はブクマしておくと便利ですよというお知らせがてらの推奨なだけですから。 さらにいえば、番外編シリーズに『月影』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4321542)という、『遥か、蒼の夢に』を銀さんと小石川主体で書いたものがあります。 こちらでは『遥か蒼の夢に』では省略させていただいた。石田vs河村戦の心境なども書いております
  • ステップ

    2010.12/6 サイト再録。恋じゃないお話。
  • 【オサ蔵】駆け引き

    これも同じくサイトに掲載していたものです。 したたか酔っぱらっちゃったオサムちゃんが、白石にうっかり泊まっていくよう言ってしまい…。そういう意味で期待して迫る白石と酔いどころか血の気の引いたオサムちゃんとの攻防です。
  • 大人になった君へ

    しぃねちゃんの本に寄稿させていただきました!OKいただいたので掲載します。久しぶりにオサ蔵書きました。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

渡邊オサム
24
渡邊オサム
24
渡邊オサムとは、漫画「テニスの王子様」のキャラクターである。

CV:遊佐浩二

テニミュキャスト:2nd:君沢ユウキ 3rd:碕理人


プロフィール

プロフィール

学校四天宝寺中学校教師テニス部監督
年齢27歳
身長177cm
体重63kg
血液型O型
誕生日3月6日
星座魚座
利き手
家族構成実家に父、母、妹、姪
愛用メーカー:シューズ/ラケットellesse TN161/近くにいる部員のラケット
趣味競馬、麻雀
担当教科国語
座右の銘いつも心にビリケンを
好きな食べ物コロッケ蕎麦、ソーメン
好みのタイプ気ィの利くお嬢さん募集中や!
行きたいデートスポット馬…やのうて道頓堀
今一番ほしいものアパートに風呂(銭湯通い)
苦手なこと(もの)学生時代の話題
好きな記念日アイツら全員がお笑いミニテストで90点以上取った日

概要

概要

四天宝寺中学校男子テニス部監督。

関西人らしくノリが良く、部のスローガン「勝ったモン勝ちや!」を提唱しているのも彼である。

無精髭を生やし、薔薇柄のチューリップハットをかぶり、煙草を吸う(室内では爪楊枝に変わる)など、一見して中学校教師かつ運動部顧問とは思えない独特のファッションセンスの持ち主。

コンビニ弁当を食すことが多いため、食生活が偏る事を懸念した保健室の先生や白石蔵ノ介に叱られているのを金色小春が目撃している。


選手からは「オサムちゃん」と呼ばれている。白石蔵ノ介部長に任命しガントレットを授けた他、金色小春一氏ユウジにダブルスなのだからずっと一緒にいるように命じるなど、彼らを変えた人物でもある。

勝ったら流しソーメンと言っていた準決勝は破れたものの、死力を尽くし戦った部員達の為に流しソーメン大会を開催した。


新テニスの王子様15巻の特別読切では自分の当てた宝くじでクルーズ客船を貸し切り、中学生らと日本代表の応援に駆けつけている。


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

テニスの王子様

四天宝寺(+白石蔵ノ介遠山金太郎忍足謙也財前光金色小春一氏ユウジ千歳千里石田銀小石川健二郎

CV:遊佐浩二

テニミュキャスト:2nd:君沢ユウキ 3rd:碕理人


プロフィール

プロフィール

学校四天宝寺中学校教師テニス部監督
年齢27歳
身長177cm
体重63kg
血液型O型
誕生日3月6日
星座魚座
利き手
家族構成実家に父、母、妹、姪
愛用メーカー:シューズ/ラケットellesse TN161/近くにいる部員のラケット
趣味競馬、麻雀
担当教科国語
座右の銘いつも心にビリケンを
好きな食べ物コロッケ蕎麦、ソーメン
好みのタイプ気ィの利くお嬢さん募集中や!
行きたいデートスポット馬…やのうて道頓堀
今一番ほしいものアパートに風呂(銭湯通い)
苦手なこと(もの)学生時代の話題
好きな記念日アイツら全員がお笑いミニテストで90点以上取った日

概要

概要

四天宝寺中学校男子テニス部監督。

関西人らしくノリが良く、部のスローガン「勝ったモン勝ちや!」を提唱しているのも彼である。

無精髭を生やし、薔薇柄のチューリップハットをかぶり、煙草を吸う(室内では爪楊枝に変わる)など、一見して中学校教師かつ運動部顧問とは思えない独特のファッションセンスの持ち主。

コンビニ弁当を食すことが多いため、食生活が偏る事を懸念した保健室の先生や白石蔵ノ介に叱られているのを金色小春が目撃している。


選手からは「オサムちゃん」と呼ばれている。白石蔵ノ介部長に任命しガントレットを授けた他、金色小春一氏ユウジにダブルスなのだからずっと一緒にいるように命じるなど、彼らを変えた人物でもある。

勝ったら流しソーメンと言っていた準決勝は破れたものの、死力を尽くし戦った部員達の為に流しソーメン大会を開催した。


新テニスの王子様15巻の特別読切では自分の当てた宝くじでクルーズ客船を貸し切り、中学生らと日本代表の応援に駆けつけている。


関連記事

親記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • 【オサ蔵】黒板【自主ワンライ】

    フォロワーさんからお題頂いて、オサ蔵ワンライしました。ありがとうございました
  • ★小説サンプル

    【書店委託開始】CC大阪100新刊サンプル【四天宝寺卒業本】

    1/11 インテ新刊 6C に81b / LE 四天卒業本。(表紙サンプル:http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=47946412)←目次も入ってます。 文庫サイズ / 98P / フルカラーカバー付 オサムちゃん、白石、財前メイン寄りの小石川含め全員登場するオムニバス本。 三月六日のオサムちゃん誕生日から、卒業式までのお話が詰まってます。 ★BOOTH https://loveater.booth.pm/items/2426754
  • 無配①榊オサ 甘い

    無配として頒布していた短めの小説です。 てにみゅさーど四天の凱旋公演が2月だったので、バレンタインのお話。
  • 金魚と熱

    診断メーカー様「オサ蔵の夏。水の入った袋で踊る小さな金魚に見とれていた君が、眩しくて、目隠しして口づけた。 https://shindanmaker.com/545359 」からの勢いで。 ざっくり設定を説明するとまず、付き合ってません。両想いだけど白石の想いに応えるわけにはいかないと葛藤してるオサムちゃんと全て理解してそれでも堪えられない白石。 本当はもっと以前から捏ねくりまわし過ぎて発酵しかかっている順を追った話があるのですがいつになるのかわからないのでひとまずこれだけ。
  • 【オサ光】渇望

    オサ光 以前サイトに上げていたもの(捧げものでした)
  • 【オサ光】ジェラシーに口付け

    オサ光+蔵 以前サイトに上げていたもの。http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1368224 の後の話。
  • 【蔵オサ】ふぃぎゅあっと!2

    !パロ注意!白石がフィギュアでまたおっきくなっちゃって!みたいな話。苦手な方はご注意ください。 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2476027のつづき
  • 此処は羽ばたく時までの ―― 四天宝寺 ――

    蒼の孤独は空高く

    8/15 ※『本編』シリーズの今後の展開への肉付けに、原作時間軸の、不定期氷帝中編連載 『透明な冠』シリーズ始めました。 (https://www.pixiv.net/series.php?id=1005013)(氷帝側は大凡2週間に1度更新程度で安定しそうです。もちろん早くなることも遅くなることもあります。2週間と言うか、月に最低2回筆が進めば3回みたいな感じに思っててください) こちらは単純に氷帝シリーズとしても読めるように書くつもりですが、このシリーズそのものが、『四天宝寺本編シリーズ』の今後の描写を肉付けするための挿話の位置付けでもあります。 前から言ってますが世界観は旧テニ。新テニはほぼなかったことで、特別召集というモノがあったとか、都合いいとこだけ。(下記の説明にあるシリーズを順番に読んでいただけるとこのあたりもわかります) このお話、というかこのシリーズは、『明日への始まり』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=258547)→『あの日未来だった現在 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=478595)→『君が微笑う夏 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=702850)→そしてこのシリーズ、と続いているシリーズと続いています。 この、『明日への始まり』からの一連のシリーズが『四天宝寺本編シリーズ』になります。 『明日への始まり』から上から順に読んでいることが前提の話ですので既に出てきているオリキャラの名前が出てきても特別説明は入りません。 全ての根幹は『明日への始まり』シリーズの中にある 『遥か、蒼の夢に』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2471725)です。 『遥か、蒼の夢に』を前提にした表現は何度も出てきますので読み返しやすさの観点から、このお話はブクマ推奨です。 その他、個別ブクマはもちろん自由です。 読み返しやすさを考えると『遥か、蒼の夢に 第1章』はブクマしておくと便利ですよというお知らせがてらの推奨なだけですから。 さらにいえば、番外編シリーズに『月影』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4321542)という、『遥か、蒼の夢に』を銀さんと小石川主体で書いたものがあります。 こちらでは『遥か蒼の夢に』では省略させていただいた石田vs河村戦の心境なども書いております
  • オサ蔵オサ/ぱ

    オサム「ぱ……ぱって言うたら、パセリ、パン……やなくてパンナコッタ、パルメザンチーズ、パジャマ……パンツ。あかん、何考えてもパンツが出てくる。今しりとりはあかんわ。しかもなんでぱ縛りやねん!パセリ、やなかった大石川とやってきてや〜!」 ※左右の表現はありませんが、そういう関係であることがはっきり出てきますのでご注意。 あとがき 15、18ときたら21くらいの話でしょう!!!とぶっ飛んだ話が書きたくて書きました。 読み終えた時にとある単語が頭から離れなくなる呪いをかけました。……いや書く前にこの単語叫ぶオサムちゃんのなんとも言えない顔が頭から離れなかったので、みなさんに共有してほしくて書きました!!なんでそんなセリフ言い出したんだ脳内のオサムちゃん!? 最初は白石のパンツ洗ってるうちにジョウジー思い出して赤面する展開とかむらむらむら〜展開考えてたのに、生活力や場数の関係で淡々と洗い物して出かけてしまったなんてこったい!! 白石と住むことは考えてなかったけど、泊まりに来て別々の布団で寝たり、白石が勉強したりなんやかんやできるスペースつくりたくて二部屋つきの部屋を昨年借りた、って設定。今のところ来客用(白石専用)の布団や普段使わない机や冬物のコートとかなんやかんや詰め込んだ物置になってるらしい。白石にこの部屋使ってええでと言えるほど一緒にいられる時間がなくなってちょっとさみしい33のオサムちゃん。 ちなみにパセリはセリ科の二年草で洋食の付け合わせに使うものです。余ったら天ぷらにして塩かけると美味しいので、小石川のこと考える時には是非。(オサムちゃんが小石川の名前間違えるのはネタなのか他に似た名前の知り合いがいるのかどっちだろう?教職についてると大量の名前覚えないといけないので混乱しますよねわかります)
  • オサ蔵オサ/鉄のオサムちゃん

    絶対にキスをしたい白石と 絶対にキスをしたくないオサム。 あとがき 鉄のオサムって単語が頭から離れなくて書きました。
  • 2:15

    榊オサ。 急に熱が出たもので一気に書き上げてみました。オサがかなり女々しい。
  • 明日、ボクに翼が生える ―四天宝寺―

    そこはもうすぐ君のモノ ~ 気づくのはもうすぐで~

    私の作品を初めて読まれる方は、これだけ読んでもわけわかりませんので、とりあえずこの話を読んでみて雰囲気が気に入ったら、このキャプションを最後まで読んでください。 2018/8/15 ※『本編』シリーズの今後の展開への肉付けに、原作時間軸の、不定期氷帝中編連載 『透明な冠』シリーズ始めました。 (https://www.pixiv.net/series.php?id=1005013)(氷帝側は大凡2週間に1度更新程度で安定しそうです。もちろん早くなることも遅くなることもあります。2週間と言うか、月に最低2回筆が進めば3回みたいな感じに思っててください) こちらは単純に氷帝シリーズとしても読めるように書くつもりですが、このシリーズそのものが、『四天宝寺本編シリーズ』の今後の描写を肉付けするための挿話の位置付けでもあります。 前から言ってますが世界観は旧テニ。新テニはほぼなかったことで、特別召集というモノがあったとか、都合いいとこだけ。(下記の説明にあるシリーズを順番に読んでいただけるとこのあたりもわかります) このお話、というかこのシリーズは、『明日への始まり』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=258547)→『あの日未来だった現在 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=478595)→『君が微笑う夏 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=702850)→『此処は羽ばたく時までの ―四天宝寺―』シリーズ(https://www.pixiv.net/novel/series/969030)→そしてこのシリーズと続いています。 この、『明日への始まり』からの一連のシリーズが『四天宝寺本編シリーズ』になります。 『明日への始まり』から上から順に読んでいることが前提の話ですので既に出てきているオリキャラの名前が出てきても特別説明は入りません。 全ての根幹は『明日への始まり』シリーズの中にある 『遥か、蒼の夢に』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2471725)です。 『遥か、蒼の夢に』を前提にした表現は何度も出てきますので読み返しやすさの観点から、このお話はブクマ推奨です。 その他、個別ブクマはもちろん自由です。 読み返しやすさを考えると『遥か、蒼の夢に 第1章』はブクマしておくと便利ですよというお知らせがてらの推奨なだけですから。 さらにいえば、番外編シリーズに『月影』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4321542)という、『遥か、蒼の夢に』を銀さんと小石川主体で書いたものがあります。 こちらでは『遥か蒼の夢に』では省略させていただいた石田vs河村戦の心境なども書いております
  • 幸せ恐怖症財前くん

    それでもいつか、もうすぐそばに

    大変お待たせしました!かなりお待たせしましたシリーズ7作目です。 今回は小石川副部長とオサムちゃんのターン。副部長は正直口調が全く分かりませんでした。 そして次回こそ、次回こそは合宿に舞台が移ります! 多分あの時の財前くんに一番近かったのは、紛れもなく彼だったのです。
  • 此処は羽ばたく時までの ―― 四天宝寺 ――

    優しい嘘を御守りに ~蒼い試練を超えていく~

    このお話だけ読んでもわけわかりませんので、とりあえずこのお話を読んで雰囲気を気に入ってくださり、ちゃんとお話を読みたいと思ってくださった方はまずこのキャプションを最後まで読んでください。 前から言ってますが世界観は旧テニ。新テニはほぼなかったことで、特別召集というモノがあったとか、都合いいとこだけ。(下記の説明にあるシリーズを順番に読んでいただけるとこのあたりもわかります) このお話、というかこのシリーズは、『明日への始まり』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=258547)→『あの日未来だった現在 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=478595)→『君が微笑う夏 四天宝寺』シリーズ(https://www.pixiv.net/series.php?id=702850)→そしてこのシリーズ、と続いているシリーズで、 『明日への始まり』から上から順に読んでいることが前提の話です ですので既に出てきているオリキャラの名前が出てきても特別説明は入りません。 シリーズはすべて、読んでほしい順に並んでいますので、掲載日に関わらず上から読んでここまでたどり着いたうえでお読みください 全ての根幹は『明日への始まり』シリーズの中にある 『遥か、蒼の夢に』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2471725)です。 『遥か、蒼の夢に』を前提にした表現は何度も出てきますので読み返しやすさの観点から、このお話はブクマ推奨です。 その他、個別ブクマはもちろん自由です。 読み返しやすさを考えると『遥か、蒼の夢に 第1章』はブクマしておくと便利ですよというお知らせがてらの推奨なだけですから。 さらにいえば、番外編シリーズに『月影』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4321542)という、『遥か、蒼の夢に』を銀さんと小石川主体で書いたものがあります。 こちらでは『遥か蒼の夢に』では省略させていただいた。石田vs河村戦の心境なども書いております
  • ステップ

    2010.12/6 サイト再録。恋じゃないお話。
  • 【オサ蔵】駆け引き

    これも同じくサイトに掲載していたものです。 したたか酔っぱらっちゃったオサムちゃんが、白石にうっかり泊まっていくよう言ってしまい…。そういう意味で期待して迫る白石と酔いどころか血の気の引いたオサムちゃんとの攻防です。
  • 大人になった君へ

    しぃねちゃんの本に寄稿させていただきました!OKいただいたので掲載します。久しぶりにオサ蔵書きました。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    妹はシスコン兄がめんどくさい

    ヨシミズ

    読む
  3. 3

    ネトゲの性別は詮索NGです!

    宝乃あいらんど

    読む

pixivision

カテゴリー