ピクシブ百科事典

源コウタ

みなもとこうた

(イラスト左端の人物)アーケードゲーム『クイズマジックアカデミー トーキョーグリモワール』のコミカライズ作品「トーキョーグリモワールQMA」webコミックで暁の賢者と交流する報道部の生徒。ゲーム本編には出演していない。

概要

トーキョーにある私立暁月学園高等部に通う唯一の報道部員。
ブレザーを脱いだ制服姿である。(この制服は後述する剣とともに次回作EVOでカスタマイズアイテムとして配信された)
数年前から発生していた「瘴気」をある目的のために一人で追いかけていたが、ルキアたちが転校してきたことにより事態が変化する。

棒状のものを触媒に(第6話でネギを使ったことがある)光の剣を振るい魔物(グリム)を倒すことが出来る。子供の時に剣道を習っていたが今では完全な我流とのこと。
この能力に起因するかは定かではないが瘴気を判別し記憶を保ったまま踏み込むことが可能。
シャロンからは「好奇心だけで動く下賤な方」と思われていたが能力の正体を見極めるべくマジックルーム(学園の鏡から出入りする)へ招かれる。

その後は暁の賢者と共にグリム討伐を手伝うことになり自身の目的である「瘴気によって姿を消した母親と再会する」ために元凶を追うが・・・






以下、ネタバレ






















母親と別れるときにとあるグリムから光の剣を操る能力を与えられていた。
つまり彼が剣を振るいグリムを倒す度に瘴気が体内に蓄積されていたことになる。
(メディアが体を調べたことで判明。第4話でグリムから瘴気を吸収したり第5話でミューが暴走する原因にもなっている。)

この事実を告げられたことで一度はグリム討伐から手を引くが暁の賢者のピンチに表れ、母親を乗っ取ったグリムと対峙するも「これは元々自分の能力」と光剣を出せなくなるが仲間の証として手渡されたグリモワールからマナの剣を手にグリムから母親を取り戻す。
しかし同時にレオンが別の元凶のグリム(アヴェノセイメイ?)を倒したことで不具合が出る前に暁の賢者はアカデミー世界に戻り、まともに見送ることはできなかった。

pixivに投稿された作品 pixivで「源コウタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 259

コメント