ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

誕生日3月27日
身長管崎舞と同じ
メイン楽器コントラバス
好きな食べ物くるみパン
好きな音楽吹奏楽
備考最近ダンスに興味を持ち始めた。

概要

SOULCATCHER(S)の登場人物で、学年は主人公の神峰翔太より1学年下の後輩。

鳴苑高校吹奏楽部パートリーダーのうち、トランペット金井淵涼チューバ川和壬獅郎ユーフォニウム星合美子ホルン管崎舞とは、同じ中学の先輩後輩として面識がある。


神峰に見える「心」の形は「普通のハート」だが、ある事情から神峰に対してはやたらと厳しく当たるためによく燃えている。


人物

真面目かつ気の強い性格で、気に入らない相手には先輩だろうと噛みついてくる。


能力

当時金管楽器の希望が多かったことからコントラバスを扱うことになったが、中学3年にはアンサンブルコンテスト中学の部で全国大会に行くレベルにまで高め、「音」の変化に気付くなど、感覚も鋭い。

その実力から、1年ながら終盤行われるコンサートにもレギュラーとして出場している。


活躍

入部当初は面識のあった金井淵達に話しかける。

のちに、金井淵達の攻略する糸口が掴めなかった神峰翔太に話しかけられるが、逆に指揮者歴1年未満の初心者である神峰が指揮をすることに反発。新入生だけの練習で神峰が指揮をすることになった際、自分が神峰に代わって新入生を引っ張ろうと演奏するが、指揮者歴は短くとも数々の困難を乗り越えてきた神峰の指揮に対し、最後まで主導権を奪えなかった。

練習後、コントラバスのパートリーダーである弦野政彦と邂逅、真面目な性格は合わないが神峰や自分を超えようとする気骨は認められる。神峰の「目」にはその邂逅から「神峰叩っ斬る同盟」の結成が見えていた。ただし演奏面では弦野と方針が正反対であるため、しばしば衝突することに。

天籟高校の弾徹也がやって来た練習の前に神峰から過去について尋ねられた時には、遠慮がちに語りだす。小学校6年の時に4人の演奏で聴いた「音」が忘れられないくらいに美しかったこと、中学1年で同じ吹奏楽部に入った時に、4人の「音」が感動した音で亡くなったことを伝える。

その夜、金井淵達の過去に触れようとする神峰を諫めようとするが(それは刻阪響に止められた)、話の中で自分の知らない「5人目」がいると言い放つ神峰に驚き、金井淵がその推論を認めたことに愕然とする。

その後、神峰が有志と共に幼稚園でコンサートを行う際に、「神峰が本番の演奏会で何をやらかすのか見定める」ため、ベース役として参加を志願。演奏後、物事を次々言い当てる神峰を怖いと思うが、同時に憧れの四人の力になっている神峰を羨んで「ズルい」と思い、神峰を目標として、神峰よりも部員を支える第二の指揮者(コントラバスプレーヤー)を目指すようになる。


金井淵に挑むべく伊調剛健主催のスプリングコンサートに臨む前、神峰に金井淵達が昔演奏して感動した曲が何かを聴かれる。最初は「5人目」を当てて見せた神峰の方が金井淵達については詳しいんじゃないかとふて腐れていたが、曲の中に金井淵達以外の「ピアノの音」があったことも言い当てたことに軽く驚きながらも、神妙な表情でその曲が「春よ、来い」である事を伝えた。

神峰達6名で「桜の音」に辿り着いた後、「帰ってぎだよ~~、あだじのあごがれの~~~、演奏~~」と濁声を出しながら、人目もはばからず号泣していた。

また、そのスプリングコンサートでは、東海代表で同じコントラバス使いの詩村京也と邂逅。

詩村は既知の弦野に対していちゃもんを付ける中で、2曲目の「春よ、来い」を「茶番」と言い放つ。自分が憧れた先輩や美しい「音」に対する侮辱でしかないことから、涙ながらに激高。弦野が抑えるのも構わず詩村に噛みつき、「全国で叩っ斬ってやる!!!」と啖呵を切っていた。


全国大戦では詩村と相対する中、自分が理想としてきた音楽について思いを馳せる。

どちらかと言えば竹風のように「指揮者を中心に皆が1つになる音楽」を理想としていた。だが、当初は邪魔と思っていた神峰と弦野の練習におけるぶつかり合いが、「部全体の主題」となるほどの存在感を出していることに「カッコよさ」を見出し、いつか自分も喧嘩の中に入りたいと思うようになった。

最後は弦野と二人で詩村を「叩き斬り」、詩村を引き離した。


余談

名字に「演奏」の「演」の字が入っている。


関連タグ

SOULCATCHER(S)

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2679

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました