ピクシブ百科事典

灰原朔夜

はいばらさくや

灰原朔夜とは、ホラーゲーム『零~月蝕の仮面~』の登場人物。
目次[非表示]

CV:田中理恵

概要

本作のラスボス。灰原耀の姉で、朧月館の院長の娘。
20年前、10年に1度月蝕の夜に行われる島の伝統祭「朧月神楽」の(巫女)を務めたことがあるが、それをきっかけとして月幽病を発症し、朧月館4階の隔離病棟に入院していた。
母譲りの霊媒体質の影響で月幽病の進行が非常に早く、回復の見込みはほぼ絶望的で、水無月流歌たちが神隠しにあった10年前には既にほとんど会話ができない状態となっていた。
正気を失う前は、同じ霊媒体質だった麻生海咲のことを気にかけており、持っていた人形に海夜と名付け、「あなただけでも助かりますように」と託している(「咲」と「朔」から一文字ずつ取った名前)。
10年前、末期となった月幽病を治療するための最終手段として、魂の根源といわれる零域に魂を送ることで自我を洗い、正しい形にして戻すという朧月神楽の本来の姿である儀式「帰来迎(きらいごう)」の器とされる。
しかし、儀式の失敗により「生きながら死んだ」存在と化し、2年間の昏睡の後、かつて島を滅ぼしかけた無苦の日(むくのひ)を再び引き起こし、自分の顔を見た島民を次々と「咲いた」状態にして死に追いやり、島を滅亡させた。

ゲーム中で明言されてはいないが、亞夜子の母親であると推測されている。

関連イラスト

ホラーの季節!
朔夜


はいばらけ



関連タグ

 零~月蝕の仮面~
灰原耀 亞夜子 麻生海咲 海夜

pixivに投稿された作品 pixivで「灰原朔夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141085

コメント