2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:能登麻美子

概要

シリーズ第4作『月蝕の仮面』の主人公の一人で、朧月島出身の17歳。
10年前に神楽を見ていた際に神隠しに遭い、当時本土の刑事であった霧島長四郎に救出されるも神隠しに遭う以前の記憶を失っている。
神隠しにあった5人の内2人が死亡し麻生海咲月森円香が朧月島に行ったのをきっかけに、唯一思い出せる旋律を奏でるたびに蘇る断片的な記憶とその先にあるものを知りたい、失ったものを取り戻したいという想いから、病の床に伏した母・小夜歌の制止を振り切って無人島となった朧月島に渡る。
生家は、朧月神楽の祭事に使われる面の作成を請け負う面打ち職人であった四方月家。
しかし、父親に実験台として「月蝕の面」の試作品を何度もを被せさせられた事で精神に影響が出始め、徐々に記憶や自我が崩壊し死に至るという朧月島の風土病「月幽病(げつゆうびょう)」を患ってしまい、灰原病院の朧月館に入院していた。
10年前に灰原耀によって誘拐され、帰来迎(きらいごう)の四人の奏の一人になった。この誘拐事件が神隠しの正体である。
神隠しの後は月幽病を更に悪化させてしまったが、月の光を浴びたことによって奇跡的に回復。その代償に過去の記憶を一切失ってしまった。
現在も父親の記憶は微かに残っているが、その父親の顔を思い出せないことがトラウマになっている。
神隠しに遭った当時は四方月という姓を名乗っていたが、その後両親が離婚したため、現在は小夜歌の旧姓である水無月の姓を名乗っている。

関連イラスト

むちむち 流歌
月蝕


仮面
流歌



関連タグ

 零~月蝕の仮面~
麻生海咲 月森円香 霧島長四郎

関連記事

親記事

零~月蝕の仮面~ ぜろつきはみのかめん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 984004

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました