ピクシブ百科事典

煮え湯を飲まされる

にえゆをのまされる

「煮え湯を飲まされる」とは、言葉の一つ。
目次[非表示]

概要


『信頼している相手に裏切られて、酷い思いをした』ということの意味合いで使われる。



例えば



【仲のいい友達とお茶会をしている時】


『んー、美味しいなぁ この菓子。 程よい甘さがなんとも・・・』 『よかった、喜んでもらえて。 そうだ、御茶でもいかが? 飲み頃よ』 『お、ありがとう・・・熱っ!!! 水! 水!!・・・・・あぁ・・・苦しかった・・・』

と、信頼している相手から思わぬ裏切りを受けてしまい 肉体的にも精神的にも酷い思いをしてしまうことで、自身の記憶の中にも「あの時は酷い思いをした・・・」と残る。


間違った使い方


信頼している相手に裏切られたわけではない場合は、該当しない。

【例えば】


『どうしたんだ? 浮かない顔して・・・』 『この間、ゲームやっててよ 嫌なことあったんだよ』

『どんなことだ?』 『ボスキャラをあと一歩の所で撃破できそうだったのに 他のやつに横取りされた。 煮え湯飲まされた気分だぜ。』

と、自身が信頼している相手ではない者(例えば「ライバル」)によって嫌な経験をした場合は『ボスキャラをあと一歩の所で撃破できそうだったのに、他の奴に横取りされたんだ。 苦汁を飲まされたよ』もしくは『苦汁を味わったよ』というのがいいだろう。


関連タグ

言葉

飼い犬に手を噛まれる後足で砂をかけられる辛酸をなめる:同じ意味を持つ言葉

苦汁を飲まされる苦汁を味わう:ライバルなどから酷くやられた場合に使われる言葉。

コメント