ピクシブ百科事典

瓢箪から駒

ひょうたんからこま

瓢箪から駒とは、日本語の成句のひとつ。

瓢箪のように小さいものから、の意味)が飛び出すくらいありえない状況ということ。
主に「半分くらい冗談やネタのつもりで言ったことが、意図せずして実現してしまう」ことを指す。

ちなみにだが、伊達政宗がこのことわざを使ったある洒落た行動を起こしている。

時は大坂夏の陣がすでに終わりへと近づいていた時のこと。徳川方では「香合わせ」が行われていた。
多くの武将たちが刀や茶器などの品を持ち寄るなか、政宗の者は古ぼけた瓢箪だった。

周りが「東北の田舎者」と政宗を蔑むなか、一人の若侍が政宗に悪いと思ったのか、その瓢箪をもらった。すると政宗はその若侍を呼び出し、東北産の名馬をプレゼントした。

その理由を尋ねられると政宗は、「瓢箪から駒というだろう」と言った。ようやくこの場になって政宗の真意を読み取った周りの者たちは、蔑んだことを恥じたという。

pixivに投稿された作品 pixivで「瓢箪から駒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147799

コメント