ピクシブ百科事典

犀川創平

さいかわそうへい

森博嗣の小説の登場人物。
目次[非表示]

ドラマ版演:綾野剛 / TVアニメ版CV:加瀬康之

概要

国立N大学建築学科の助教授。S&Mシリーズでの探偵役。1作目の時点で32歳。
物事に対する興味の度合いが両極端で、必要がなく興味のないことには一切関わろうとしない。
幼少期から、複数の人格が自らの中で統合されていないという自覚を持っている。

鉄道(特に蒸気機関車)が好きだが、これは友人に付き合わされてるだけ。コーヒーはホットのブラックコーヒーしか飲まない。
左利きだが、箸だけは右で使う。ネクタイを二本しか持っておらず、靴下の色は全部同じ。人生で約束に遅れたのは萌絵を待たせた四回だけ。

萌絵の父親で、那古野大学の元総長、西之園恭介の愛弟子。二人の初対面は彼女が小学5年生のときであり、それ以前からよく西之園家に通っていた。当初は「萌絵ちゃん」と呼んでいたが、彼女が学生として大学にやって来ると「西之園くん」と呼んでいる。萌絵の両親の飛行機事故を、彼女と一緒に目撃している。

毎回西之園萌絵に引っ張りまわされて事件捜査に巻き込まれるが、本人が乗り気になることは滅多になく、真相に気がつけるだけの情報を得ていてもそのまま放置していることさえある。

初対面以来萌絵からは盲目的に惚れられているが、いつもどこか煮え切らない態度をとっては彼女をやきもきさせている。これは両親の事故死で破断した萌絵自身の内面的なものを考えての事と、恋愛感情よりも『恩師の忘れ形見』だからという概念が勝っていたためであり、彼自身は萌絵を大切に思っている。実際萌絵自身に危険が迫ったり、なんらかの形で萌絵にまで被害が及ぶと、葛藤や動揺を見せたり、突っ走る場合がある
やがて自らの感情を分析したり、徐々に過去を乗り越えていく萌絵の成長を受け入れていくと、二人の関係はじょじょに変化していく。

関連イラスト

すべてがFになったら
犀川創平



関連タグ

S&Mシリーズ 西之園萌絵





ネタバレ

森博嗣作品全体に関するネタバレを含みます。



S&Mシリーズの主人公である彼だが、実は他シリーズでも登場を示唆されている。

Vシリーズより

  • 紅子「林さんって、変わった名前でしょ」(黒猫の三角)
  • へっくんへの入学祝いに書かれた林のフルネームが「○川 林」(赤緑黒白)

つまり、瀬在丸紅子の息子「へっくん」とは・・・

pixivに投稿された作品 pixivで「犀川創平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 229556

コメント