ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

とある推理モノのゲームにおける結末。




以下、犯人はヤスの真実









































由来

元ネタは、いわずと知れたポートピア連続殺人事件の衝撃の結末。

具体的には、作中で常に主人公と行動を共にしゲームシステムの一部にも組み込まれている主人公の相棒であるヤスこと真野康彦が事件の真犯人であるのだが、これを一言で言い表した「犯人はヤス」というフレーズは未だに「ネタバレを指す小ネタ」として使われたり、違う作品のコメントに「犯人はヤス」と書き込んで混乱させたり、「犯人が分からない事件に寄せられるインターネットスラング」として使われることがある。


同作の結末で明かされる真犯人は、その意外性で語り草となったが同時にその人物が何者であるかもよく知られており、当時このゲームが流行していた頃の世代には、「このゲームを遊んだことがなくても犯人がヤスという人物であることは知っている」という状況が多く見られた。


彼が「おそらく日本一有名な犯人」と形容されることもある。


「犯人はヤス」パターン

犯人は身近すぎる人物だったという、上記の内容から転じて黒幕は身内にいる」という意味で使われており、この場合の「身内」とは「主人公の血縁者(家族等)」に限らず「主人公に関係する身近な人物」も含まれている。


また、犯人でも自分は実行者で、そのバックに真の黒幕がおり、自分はその手下にすぎない者もいる。

※具体例を記載すると、他作品ネタバレの温床になってしまうので、本記事では割愛とする。


余談

確かにポートピア連続殺人事件の真犯人はヤスだが、真相自体はかなり複雑な事情が絡む上にゲームシステム上、ゲーム内で様々な証拠を集めフラグを立てなければ物語が進まないため、犯人がヤスだとわかっていてもすぐに真実にはたどり着けない。

場合によっては「悲しい事件でしたが、これで事件解決ですね」と捜査の打ち切りを勧められる事もあり従ってしまうとゲームが終わってしまう。


プレイヤーがヤスの言動をよく見ていれば(後述のたけしのように)ヤスが犯人であることは途中で薄々分かるようになっているのだが、それをどうやって立証するのかはまた別の問題であり、ゲームとしてはむしろこの部分の方が真のネタバレ要素といってもいいだろう。そのためヤスが犯人と知っていても倒叙型のように楽しむことは十分可能である。


この“探偵役にとって最大の協力者こそが真犯人”というオチは、いわゆる叙述トリックの一つであり、本ゲーム発売よりも昔に書かれたアガサ・クリスティの小説『アクロイド殺し』などでも使われている(むしろ『アクロイド殺し』が元祖とも言える)。


関連タグ

ポートピア連続殺人事件 ポートピア

真野康彦 ヤス


ネタバレ 裏切り者

  • ビートたけし
    • 事の張本人。1986年、自身が出演したラジオ番組「ビートたけしのオールナイトニッポン」で、ファミコンと本ゲームをスタジオに持ち込み、弟子のたけし軍団とスタッフとともに実況プレイし、それを放送した。この実況中にビートたけしが犯人の目星をつけてほのめかすと言う発言をしたとされているが「犯人はヤス」ではなく、「犯人は助手」と言っている。そしてこの放送をきっかけに売上げが伸びたという逸話がある。
  • 有野課長有野晋哉
    • 彼がMCを務めるcs番組『ゲームセンターcx』で本ゲームが取り上げられネタバレ要素を防ぐため発言には規制音が入り、その後犯人のメモを伏せた後、つじつま合わせの為ゲームをプレイ。7時間後ゲームクリアを果たし最後にメモを開くと『犯人はヤス』と書かれ大喜びしていた。
  • 6代目三遊亭円楽(旧・三遊亭楽太郎
    • 実在した犯人はヤス。本名が會泰通(あいやすみち)であること、楽太郎時代からネタで桂歌丸や5代目三遊亭圓楽を年中殺していたため。
  • キョン杉田智和

涼宮ハルヒシリーズ』のスピンオフ『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』の作中登場キャラ朝倉涼子が原作通り彼を殺そうと襲い掛かるが、ギャグアニメのため唐突に入ってきた長門有希頭突きによって倒される。消滅間際その際「四天王が…御三家が…」といろいろ言い残していくが、流石に長々しかったため最後『犯人はヤス。』というシュールな一言で終わらせた(因みに原作では「うん もういいから」でありアドリブと思われる。)。

関連記事

親記事

ポートピア連続殺人事件 ぽーとぴあれんぞくさつじんじけん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3177394

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました