ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

いわゆる異世界ものや時代劇海外を舞台とした作品などではなく、我々にとってなじみ深い現代の日本を指した作品につけられるタグ。


時代区分における現代は、第二次世界大戦後ないしは冷戦終結後を指すが、ここでいう現代は概ね創作された時代と同時代(後述)を指す。必然的に時代設定の基準は、時を経るごとに変化していく。


海外の作品における現代日本については勘違い日本を参照。


飲食物や携帯電話、ファッションなどはトレンドの変化が目まぐるしいため、その作品がいつ作られたのかを判別できる要素でもある。


「現代」とは「いつ」か

「現代」がいつを指すのかは、その物語がいつ制作されたのか、読者(及びそれに準ずる視点)がいつ物語を評価しているのか、によって変わってくる。


例えば1950年の日本を舞台にした物語でも、出版されたのが1950年ならば「現代日本を舞台にした物語」と称されていてもおかしくはない。

だが、同じ物語でも、2000年時点に評価する場合は、「現代日本を舞台にした物語」と称するのは難しいだろう。


逆に、2021年を舞台にした物語が2021年に出版されたのならば、「現代日本を舞台にした物語」といって差し支えない。

が、その物語が200年後に読まれた場合は、その限りではない。


このように、制作者によって「現代日本を舞台にした物語」と称されたものであっても、観測された時代によって、「現代日本を舞台にした物語」かどうかは変わっていくのである。


ただ、認識を共通しようとする者たちは同じ時間においてその物語を観測するので、その者たちの間で「これは『現代日本を舞台にした物語』か否か」という認識に齟齬は発生しないだろう。


劇中世界における「現代日本」

物語の中にいる者=キャラクターが「現代日本」という表現を用いることがある。

例えば異世界や異星、異なる時代などに移動した場合、その土地や時代の文化を比較評価するときである。

その場合は、そのキャラクターが(異世界・異星・異時代に来る前に)生きていた時代が「現代」ということになる。

特に読者への説明を必要としないため、割と安易に使われる表現方法であるが、物語が長く伝えられることを考えると、あまり多用しないほうが良いのかもしれない。

関連記事

親記事

時代 じだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1335

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました