ピクシブ百科事典

白貂を抱く貴婦人

しろてんをだくふじん

レオナルド・ダ・ヴィンチが1489年から1490年ごろにかけて描いた

『白貂を抱く貴婦人』(伊: Dama con l'ermellino、英: Lady with an Ermine)

しろてんをだくきふじん

  • ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが1489年から1490年ごろにかけて描いた、ポーランドのクラクフのチャルトリスキ美術館所蔵の絵画。
  • 描かれている女性はミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾だったチェチーリア・ガッレラーニであるといわれている。
  • 正確にいえばこの絵画に描かれているのは白貂(シロテン)ではなく、白い被毛を持つフェレットである。

関連

油彩
フェレット
レオナルド・ダ・ヴィンチ

pixivに投稿された作品 pixivで「白貂を抱く貴婦人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185

コメント