ピクシブ百科事典

百みお

ひゃくみお

百みおとは、手塚治虫原作の「どろろ」の登場人物、百鬼丸と未央(みお)のカップリングである。
目次[非表示]

概要

手塚治虫原作の『どろろ』に登場する百鬼丸×未央NLカップリング

原作での百鬼丸とみお
百鬼丸は旅先で訪れたお堂で孤児達の世話をするみおと出逢い、皆を甲斐甲斐しく慈しむ彼女に恋をする。
目も見えず、声も聞こえない彼ではあったが、みおの自分に対する感情もあたたかいものだと感じている辺り、両想いに近い関係だったかと思われる。
一方の彼女は、自らの仕事を厭らしいものだと彼の熱い想いを遠ざけている素振りをみせていた。
そんな二人の平穏な時は続く事なく、みおや孤児達はお堂からの立ち退きを拒否したことから侍達に惨殺されてしまう。
百鬼丸は侍達を皆殺しにした後、彼女の亡骸を抱きかかえながら最期の口付けをする。

のちに当時の事を百鬼丸はどろろに語るが、みおを亡くした時に自分は心を失ったと語っている。


「俺はみおが好きだ」
「あなたは知らないんだわ・・・」

キスキスキス



2019年版アニメ
原作と違い、百鬼丸がどろろと出逢った後にミオ達の住むお堂を訪れることになる。
二人の出逢いは川辺で、丁度その時の彼女は夜仕事の穢れを清めている最中であり、百鬼丸が彼女の綺麗な歌声に惹かれたが為の邂逅だった。
聴覚を取り戻して間もなく、周囲の音に混乱していた百鬼丸にとってもミオの歌は心地よく感じられたようで、百鬼丸がミオに歌をねだるシーンもある。

どろろから百鬼丸の視界に関する話を聞いた際に「自分の魂はきっと汚いから、あまり見ないでほしい」と恥じらうミオだが、無言で微笑む百鬼丸には彼女の姿が真っ白に映っていた。
他の男たちとは様子の違う百鬼丸との穏やかなふれあいに、ミオもまた「この手は嫌じゃない」と感じるのだった。

「   うたって   」
初恋



「ミオ達が暮らしやすい場所を見つけたが、そこには鬼神がいる」という琵琶丸の知らせを聞いて、百鬼丸は怪我をおしてすぐさま鬼神退治に出る。これは自分の身体を取り戻す他に、ミオの為という思いもあったのではないか。

しかし百鬼丸が鬼神を仕留め、帰った先で見たものはあまりにも残酷な光景だった。

さよならごっこ




小説どろろ(辻真先版)
こちらも原作と異なり、百鬼丸はどろろと旅をする道中、声帯及び聴覚を取り戻した後みおと出会う。百鬼丸が初めて耳で聞いた女の声がみおであった。
みおの美しい歌声に惹かれる百鬼丸。「もっと聞きたい」という百鬼丸に、耳が聞こえるようになったお祝いとして歌うみお。
みおの姿を自分の目で見られない事をくやしいという百鬼丸。自らの両腕は刀の鞘でしかない自分は化け物同然なのだと嘆く彼に、みおは自らの顔を百鬼丸の顔に重ね「あんたは人間よ、私たちはあんたの仲間」と温かく囁く。
みおのまろやかな感触を肌に感じ息が止まったような衝撃を受けた百鬼丸は本能的にみおの体を抱きしめていた。

あくる朝、みおから蛭川田之介の話を聞いた百鬼丸は退治に出かけるが、それと入れ違いに田之介はみお達の住む寺を通り道とした水島領に向かっていた。
みおの身を案じ必死に引き返す百鬼丸であったが、彼が寺に戻った矢先、みおは田之介の一刀に深く斬りおろされてしまうのであった。

田之介の持つ妖刀を退治し、目を取り戻した百鬼丸は喜びの声を上げみおに呼びかけ、彼女の目や唇を確かめる。
が、その時既にみおは事切れており、その顔は百鬼丸の勝利を信じ、かすかに微笑みを浮かべていた。
息絶えたみおを抱き、もはやこの世のものではなくなってしまったその美しさを見つめる百鬼丸。

百鬼丸が最初に目でみたものは、死んだ恋人の姿であった。

関連イラスト

△
どろろ


百ミ
やさしい音


葬送
どろろログまとめ#01



関連タグ

どろろ
百鬼丸 未央(どろろ)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「百みお」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1663220

コメント