ピクシブ百科事典

秋せつら

あきせつら

秋せつらとは、菊地秀行作の小説『魔界都市ブルース』シリーズの登場人物であり、主人公。
目次[非表示]

概要

「影さえも美しい」「再現不可能」とされる絶世の美貌を持つ青年。
『彼の姿を見たものは心そのものが無くなってしまう』ともされている(これはせつら自身を見ただけではなく、彼を投影した写真を見たり声を聞いたりしただけでも影響が及ぶ)
季節と天候に関わらず常に黒いコートを着用しており(ただし初期作品は例外)「黒い美影身」「漆黒の天使」とも表現される。

西新宿の老舗煎餅屋「秋せんべい店」の三代目で、副業に人捜し業「秋ディスカバー・マン(DSM)センター」を営んでいる。せんべいの評価は人によってさまざまだが、「美青年店主」を売りにしている事もあり、年商は約3,000万円。ただし、本人が登場するとその容姿のせいで色々な訴訟が起こってしまう為、基本的に店はアルバイトに任せっきりである。人捜しの腕前に関しては新宿一と誰もが認める。
しかし本人は(少なくとも「僕」の方は)、せんべい屋の経営に専念して人捜しを廃業したいと思う事もあるらしい。

酒やアルコール類が全くのダメで、コーヒーも苦いものは飲めず、クリームソーダや前茶を好んで飲む。初期作では喫煙の描写が度々見られたが、ある作品で「タバコは嫌い」と語っている。

メフィスト病院ではあらゆる特権を持っているが、院長であるメフィストとは『奇縁』とも言える微妙な間柄である。せつらは度々彼の事を「藪医者」と罵っているが、これもその特権と縁ゆえである。彼には「依頼」により協力してもらう事もあるが、時には(直接ではないが)敵対する事もある。

彼の出生と一族の秘密の一端は「魔王伝」で明かされている。
姉妹小説の「魔界都市ノワール」シリーズには同じく《新宿》で花屋を営む秋ふゆはるという従兄弟が出てくるが、仲が良いという訳ではなくむしろ敵対している様である。

秋家の二人



使用武器

細さ1,000分の1ミクロン(ある強敵への対策で更に細く削った事もある)のチタン合金製の糸で通称、妖糸(ようし)。人物や物をやすやすと切断、拘束し、単に動作だけでなく身体機能をも操る事が可能で、周囲の状況を感知する、空間に干渉するなど、その使用法は多岐に渡る。この能力故か絶大な戦闘力を有し、メフィストと並んで「新宿で最も敵に回してはいけない人物」として知られる。

二重人格

彼が恐れられているもう一つのいわれが、穏和と冷酷な二つの人格を併せ持っている事であり、それぞれの一人称は「僕」「私」(何故この様な人格になったのかは不明だが、せつらの学生時代を描いた「青春鬼」シリーズでは既に形成されていた模様)
ここでは人格ごとに紹介する。

「僕」

せつらの主人格。春にたとえられることが多い、ぼんやりとした印象の掴み所のない性格。容姿のことがなければ出会う相手の眉をひそめかねないものぐささ。
口癖は「はぁ」「面倒くさい」「嫌だなぁ」と言ったやる気のないもの。茶目っ気もあり、皮肉を呟く事もある。
目的さえ達成できれば、あるいは上記のものぐさな面からそれに伴う被害や、捜索対象の非人道的な行為も黙認しており、人捜しで依頼人に会わせられれば依頼人が捜索対象を殺そうと、あるいは逆に依頼人が殺されようと意に介さない。

「私」

非道な敵を前に現れる事が多く、その戦闘力は「僕」をも上回る。
また、その圧倒的な戦闘力ゆえ、純粋に強大な敵(主人格では撃破が難しい相手)を前に現れる例もある。基本的に外道相手には極限の苦痛を与えた上で惨殺するが、罪無き者への慈悲は全く失っておらず、無言の気遣いなどを見せるシーンはむしろ主人格より多い。
メフィストが懸想しているのもこちらの人格。

三番目の人格

詳細不明。前述の「僕」「私」の戦闘能力をはるかに超える力を持つらしいが、存在そのものが危険。メフィストも一切の手出しが出来ない程らしい。

関連イラスト

憧れの人3
★魔界都市生誕祭★


せつら
Blue Roses


秋せつら
新宿の煎餅屋



関連タグ

菊地秀行 魔界都市 ドクター・メフィスト 夜香

pixivに投稿された作品 pixivで「秋せつら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45535

コメント