ピクシブ百科事典

紙舞

かみまい

風も無いのに紙がひとりでに舞う怪奇現象。またはそのような現象を引き起こす妖怪。
目次[非表示]

概要

民俗学者・藤沢衛彦の著書などで言及される怪異、あるいは妖怪の一種。

神無月(10月)頃に出現し、風も無いのに紙がひとりでに1枚ずつ舞い飛ぶ怪異を引き起こすとされている。

また、山室静や山田野理夫らによる書籍『妖怪魔神精霊の世界』では天保時代に強欲な金貸しが証文の束を見ながら算盤を弾いていいた所、証文が空中へ飛び去ったという話や小説家が描いていた原稿用紙がひとりでに舞い上がったという話が紹介されているが、これもこの妖怪の仕業だとされているという。

余談

藤沢衛彦の著書の解説で使われている押絵は『稲生物怪録』のもので、主人公の稲生平太郎が体験した怪異の1つに過ぎず、決してこの妖怪の仕業ではない。

関連タグ

怪奇現象 妖怪

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「紙舞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 594

コメント