ピクシブ百科事典

茨城交通水浜線

いばらきこうつうすいひんせん

茨城県水戸市と大洗町・ひたちなか市を結んでいた路面電車
目次[非表示]

概要

1922年12月から1966年5月31日まで存在していた。
茨城線の上水戸駅から国鉄水戸駅を経て大洗を結んでいた。戦前は大洗からさらにひたちなか市の湊まで伸びていた。
また茨城線の電化区間にも乗り入れ、茨城大学のある大学前まで走っていた。

歴史

太平洋へのインターアーバン

1889年に水戸鉄道(現水戸線)が開通し、輸送の中心がそれまでの海運から鉄道にとってかわられたことに危機感を抱いた磯浜や大洗など海岸の住民たちは鉄道を敷く計画をくりかえし立ててきた。1921年、当時流行していたインターアーバンに範をとり磯浜から水戸への軌道線と電力事業をセットにした水浜電車を設立した。
1923年に一部区間が開通し、2年後には水戸への乗り入れを果たした。

競争と拡大、ライバルへの勝利

開業当初から多くの観光客が利用し、水浜電車自身も観光施設を作る傍ら、湊鉄道(現ひたちなか海浜鉄道)との激しい観光客誘致競争を繰り広げた。
そこで水浜電車は湊鉄道の本拠地ともいえる那珂湊への路線延長を計画。開業直後から鉄道連絡船を開設したのち、1926年から27年にかけて海門橋まで延伸、1930年海門橋の開通とともに湊町に乗り入れた。しかし、それより先は地主との対立で実現できなかった。
1926年には鹿島軌道が大貫で接続し鹿島参宮鉄道(後の鹿島鉄道)と連絡した。しかし4年後に同線は廃止された。
1929年には維新烈士の顕彰を行っていた田中光顕を支援する形で水戸藩と明治維新に関するいまでいうテーマパーク「常陽明治記念館」と「立正護国堂」を設立した。立正護国堂の僧侶としてやってきたのがあの井上日召であった。政治運動を志向する井上日召と仏教活動に専念してほしい水浜電車首脳の間で激しい対立があり結局翌年住職を解任された。その2年後、彼は世間を震撼させる血盟団事件を引き起こした。
水戸方面では1927年に陸軍関係者の利便を図り水戸から袴塚まで路線を延伸した。一方1918年からはバスとの競争が激化したが、水浜電車ガールという今でいう女性アテンダントを採用したりした。その一方で水浜電車は県内北部の交通を統一する野望を抱いた。1932年には競争相手で会ったバスを買収したことを皮切りに1939年には遂に長年のライバルであった湊鉄道を傘下に入れる事に成功。1940年茨城鉄道も買収し1944年茨城交通を発足させた。しかし、一方で日立の圧力で日立電鉄の統合はできず、1938年には海門橋が流され湊町までの路線が復旧できずやがて廃止する、電力事業を失うなど苦しい時期もあった。
なお海門橋が流されたのは業者の手抜きが原因だったらしい。もう少し金をかけておけばよかった。
茨城線は戦時中の燃料不足で一部電化され、乗り入れを行う。電化の終点南袴塚駅(大学前駅)に戦後水戸大学ができ、大学生の足としても重宝されるようになった。

最期

水戸の市内電車ならびに鹿島臨海鉄道開通前の大洗と水戸を結ぶ交通として利用されてきたが単線で輸送力が不足気味だった事に、運営していた茨城交通は嫌気が差してしまい、「もうこのあたりバスでいいや。ま、どーせいつかは鉄道やめるんだし(実際その通りになってしまった)」とばかりに間引き運転を行ってしまう(その分バスは増発)。
そして追い打ちをかけるように交通渋滞の元凶とされてしまい「バスがあるんならもう要らねーよこんなもん!!」と水戸市議会や水戸商工会議所に怒られてしまった(ただし大洗町および旧常澄村は「頼むから残してくれ!!」と言う立場だった。なお、常澄村は後に水戸市に編入)。結果、廃線に追い込まれたのだった。
なお、水浜電車が吸収合併した格好の湊鉄道は、なんだかんだあったもののちょいと形を変えた上で今なお健在なのだから何とも皮肉な物である。

現在

現在代替バスは茨城交通50系統としてほぼ同じルートを走っている。また鹿島臨海鉄道の水戸~大洗は水浜線が存在した影響で他の区間と比べ多く列車が走っている。
2017年の廃止50年の節目にはアニメガールズ&パンツァーとコラボし、記念のフリー切符やスタンプラリーが企画された。

関連タグ

茨城交通 水戸市 ひたちなか市 大洗町 路面電車

コメント