ピクシブ百科事典

草摩潑春

そうまはつはる

フルーツバスケットの登場人物。牛(丑)の物の怪憑き。
目次[非表示]

プロフィール

ニックネーム春、はーくん
身長170.2cm
体重57.5kg
星座蟹座(6/22~7/22)
血液型O型
CV陶山章央(アニメ第1作)/ 岡村明美(アニメ第1作 幼少時) / 古川慎(アニメ第2作)/ 東内マリ子(アニメ第2作 幼少時)


概要

草摩家の「中」の人間で、十二支の「丑」の物の怪憑き。
たちより一学年下で、草摩紅葉と同い年。

頭髪は老人のような見事な白色で、根元は黒色の牛カラーである。常にピアスやネックレスを身につけており、私服はロックテイスト。
周囲の大人達から、「子」に一番乗りを奪われた間抜けな「丑」と言われ続けてきたため、卑屈でキレやすい性格になった。扱いに手を焼いた両親が、ストレス発散のために武術などを習わせたがあまり効果はなかったらしく、今でもキレると性格が豹変し、凶暴になってしまう(この状態を「ブラック」と呼ぶ)。
普段は物静かでマイペースで、突然突飛な発言をして周りを困惑させることも。ひどい方向音痴で、紫呉の家まで行くのに3日かかったりする。
人の話を聞いていないようで聞いており、観察力は鋭く由希や紫呉に対しても時折鋭い言葉を口にする。また、何かと不思議に思えば「ミステリー」と言う。
幼い頃は「子」憑きである由希を一方的に嫌っていたが、自分をコンプレックスから解き放ってくれたことで特別な存在と感じるようになり、由希にとっても良き理解者となる。
同じ十二支の依鈴に幼い頃より淡い恋心を抱いていたが、彼女が精神的に追い詰められた時期を境にやがて彼女の傍について支える存在となり恋仲になる。
しかし、第三者が慊人に告げ口したことがきっかけで、牽制を受けた依鈴が自分自身と慊人から解放したい一心で冷たく突き放し、一時期は別れていた。
しかし、燈路から依鈴の負った大怪我の真実や彼女が自分のために「呪い」を解こうとしている事を聞き、依鈴を監禁した事を含め、慊人と対立。
その後、猫憑きの離れに監禁されていた依鈴を救出した紅野に彼女の元へ行くよう諭され、病院を抜け出した依鈴を見つけ、寄りを戻す。

名前の由来

「初春(はつはる / 1月)」から。

関連タグ

フルーツバスケット 本田透 草摩由希 草摩夾 草摩紫呉 草摩依鈴 草摩慊人 草摩楽羅 草摩紅葉 草摩はとり 草摩綾女 草摩杞紗 草摩燈路 草摩利津 草摩紅野

関連記事

親記事

フルーツバスケット ふるーつばすけっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「草摩潑春」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75056

コメント