ピクシブ百科事典

草摩家

そうまけ

草摩家とは、「フルーツバスケット」に登場する家名である。
目次[非表示]

概要

代々十二支の秘密を背負う、古くから続く名家。
家格は極めて高く、同様に経済力も並大抵ではない。旧来よりのしきたりや派閥争いも多く、それに由来する重圧が、各登場人物達に多くの心の傷を負わせてしまっている。
十二支や十二支の家族、当主は本家と本家の敷地内にある「中」と呼ばれる住宅に、遠い親戚筋などの分家は敷地外である「外」に住むことが通例になっており、草摩家の人物であっても「外」の者は十二支の秘密を知らない者も多い。「中」には50人、「外」には100人の、計150人が暮らしており、十二支(+猫)が全員揃っていない限りはいつ物の怪憑きの者が生まれるか分からないため、「中」「外」に限らず婚姻や住居、十二支達の進学や就職先など一切のことは当主の許可が必要である。
十二支の仲間外れであり、異形の姿となる猫憑きの人間は、高校卒業後に死ぬまで幽閉されることがしきたりで決まっている(当主の許可さえあれば、結婚や子供を作ること自体は可能であり、本編中では草摩籍真の祖父が世話役の女性と結婚している)。
草摩家には美形の人間が多く、「美形の家系」とよく言われるが、本人たちには自覚がない様子。
前当主は草摩晶、現当主はその実子である草摩慊人

13人の物の怪憑き達と共に草摩家に生まれる、「十二支」の魂を統べる特別な存在。草摩の歴史を遡っても「神」は生まれにくいとされている。
物の怪憑きたちのように動物に変身することはなく、いたって普通の人間の姿で生まれるが、この世に生まれた瞬間から十二支たちの魂を支配しており、十二支たちは本能的に「神」を思い慕い、逆らうことが出来なくなる。
その存在は、数百年前に人間との関わりを絶ち「十二支」と契約を結んだ神様に由来している。
現在の「神」は草摩家現当主・草摩慊人

物の怪憑き

草摩家で生まれつき物の怪が憑いている者は、異性に抱きつかれたり(また自分が抱きついたり、抱きとめたり)身体が弱ったりすると憑かれた動物に変身する。それは数百年前の「神」と「十二支」との契約の証であり、彼らにとっては「呪い」とも「絆」とも呼べるものである。
親や兄弟同士であっても異性である限りは変身してしまうが、物の怪憑き同士や「神」である人間に抱きついたり抱きつかれても変身はしない。
物の怪憑きの者の特徴としては、「通常の出産予定日より数か月早く生まれる」「生まれつき毛髪や目の色が憑かれた動物の色である」「優秀な人物である(ことが多い)」「自分に憑く物の怪を引き寄せる」など。
変身する動物は「十二支」+「猫」の13種。なお、物の怪憑きは1匹の獣につき1人であり、同時に同じ物の怪に憑かれている人間は存在しない為、最高で13人となり一族の中でも特別な存在だが、13人揃うことは滅多に無いとされ、中でも「子」は「神」同様産まれにくい。

また、「猫」は草摩家の物の怪憑きの一種で「十二支」の仲間外れの存在で、通常の猫の姿の他に醜く腐敗臭を放つ異形の姿である「本来の姿」が存在し、猫憑きの人間にのみ受け継がれる数珠をつけて封印しなければ人間の姿を保つことは出来ない。そのため数珠が外れた瞬間「本来の姿」と変わってしまうが、逆に数珠さえつけていれば、他の物の怪憑きたちのように異性に抱き付かれると普通の猫に変身するだけに留まる。
これは数百年前の「神」と「十二支」の契約を、猫だけが唯一拒否したことに由来している。

十二支動物草摩家
草摩由希
草摩潑春
草摩杞紗
草摩紅葉
龍(タツノオトシゴ)草摩はとり
草摩綾女
草摩依鈴
草摩燈路
草摩利津
草摩紅野
草摩紫呉
草摩楽羅
草摩夾

解放

「呪い」を解く方法は存在せず、年齢月日関係なく、何の前触れもなく自然に解ける。
「呪い」が解けた場合、「神」は「呪い」が解けた事を察する事ができ、また他の「十二支」からは仲間だとは思えないと言われている。
草摩紫呉は13人揃ったのは「最後の宴会」を行うためと推測している。

解放順十二支草摩家
1草摩紅野
2草摩紅葉
3草摩燈路
4草摩夾
5草摩綾女
6草摩利津
7草摩杞紗
8草摩楽羅
9草摩依鈴
10草摩潑春
11草摩はとり
12草摩紫呉
13草摩由希

関連タグ

フルーツバスケット 十二支

関連記事

親記事

フルーツバスケット ふるーつばすけっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「草摩家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179

コメント