ピクシブ百科事典

草摩楝

そうまれん

草摩楝とは、「フルーツバスケット」に登場するキャラクターである。

概要

草摩家前当主・草摩晶の妻。草摩家現当主・草摩慊人の実母。
妖艶な美しさの持ち主で、心身を患っており、普段は奥の間にいることが多い。
草摩のすべての権限は慊人が握っているが、「楝派」とよばれる新参に値する一部の人間を従えている。既に亡くなっている夫の晶に対してかなりの執着を抱いている。慊人に対して、十二支の絆を否定し、自身と晶との絆こそが本物で、それ以外は偽物であると言う。
元来、晶の世話係の一人であったが、彼の孤独を理解し、寄り添おうとしたことで晶に見初められ結婚した。しかし、十二支を統べる存在である神様として慊人が生まれたことで、晶は子供を溺愛するようになり、娘である慊人を女性として嫉妬するようになる。
慊人に対し策謀する紫呉に誘われて肉体関係を持ったり、紅野やはとりを誘惑したりと、慊人と十二支の仲を裂こうとしている節がある。依鈴のことを生理的に気にくわなかったという理由で、彼女を騙し利用するなど、特定の十二支に対しても態度は冷たい。慊人が持っている謎の箱を彼女から奪いたい紫呉に唆され、晶に関係する箱と知り、入手せんと慊人の元へ刃物を片手に現れる。終盤、草摩家の当主として成長した慊人が彼女と向き合おうとするが、楝の心は頑なに閉ざされていて最後まで和解することはなかった。

関連タグ

フルーツバスケット 草摩晶 草摩慊人

関連記事

親記事

フルーツバスケット ふるーつばすけっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「草摩楝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49

コメント