ピクシブ百科事典

草摩紅野

そうまくれの

草摩紅野とは、『フルーツバスケット』のキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

CV千葉進歩(まんがDVD版)、梅原裕一郎(アニメ第2作)


概要

草摩家の中の人間で、十二支の「酉」の物の怪憑き。
たちより9学年上。

当主である慊人の仕事の補佐役に就任している。
また、ある一件がきっかけで十二支の中で慊人の一番のお気に入りである。
離れるのを嫌がる慊人のために彼女の許可なしには草摩の外に出ないので、26歳になるまでコンビニで買い物をしたことすらなかった。また、行動の基準が慊人を優先することに終始するため自我を抑えている節があり、本人曰く「暇を貰っても何をすることもなく」とのこと。
最も早く呪いが解けており(そのため作中で変身した姿は出てこないが、『ファンブック 〔猫〕』ではスズメが描かれている)、それを知っているのは慊人のみだったが、紫呉は薄々気付いていた。
呪いが解けているため「神様」への本能的な思慕の念は消えており、深夜のコンビニで出逢った魚谷ありさは「人間として」初めて好きになった女性だった。なお、ありさが彼に興味をもった理由は、抜けたところが透に似ていたから。
中学生の頃に自身の物の怪である「酉」憑きの呪いが解ける。その際、彼自身の優しさや、慊人に対する愛情と憐憫から、自分に縋るしかなかった彼女を突き放せずに、ずっと側に居ると誓う。
呪いが解けた時点から、慊人の側に付きっ切りだったため、彼女は紅野を選んだのでは、と認識した紫呉からは嫌悪されている。
幼い頃は紫呉を慕っていて、現在でも紫呉・はとり綾女のことを「兄さん」と呼んでいる。
はとりの一件以降、慊人の不安を取り除き、より絆を強く結ぶ意図で彼女と肉体関係を持ち続けているが、その事実は慊人と紫呉の関係を更に歪める一因となっている。
宴会での由希の発言以降、慊人に対して正面から向き合おうとする意識が生まれ、彼女の幸福を願い、変化の方向へ導こうとする。その優しすぎる性格と突き放せずにいた躊躇が災いし、次々と絆の途絶える世界に絶望した慊人に腰を刃物で刺され、走り去る彼女を追いかけようとするが倒れてしまう。
その後、無事一命を取り留め、能動的に一人で病院に見舞いに来た慊人の成長を見て、彼女にとって自分の存在が不要になりつつあることを感じ取り、慊人の元を去る決意をする。また病院にてありさと再会を果たす。
退院後は本家を出て、田舎の町で就職。

名前の由来

「暮れの春(くれのはる / 3月 - 「晩春」の意)」から。

関連タグ

フルーツバスケット 本田透 魚谷ありさ 草摩由希 草摩夾 草摩紫呉 草摩慊人 草摩楽羅 草摩紅葉 草摩はとり 草摩潑春 草摩杞紗 草摩燈路 草摩利津 草摩依鈴

関連記事

親記事

フルーツバスケット ふるーつばすけっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「草摩紅野」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9288

コメント