ピクシブ百科事典

草摩はとり

そうまはとり

龍(辰)の物の怪憑き。ニックネームははーさん、とりさん、ハリィ。
目次[非表示]

プロフィール

ニックネームはーさん、とりさん、ハリィ
身長182cm
体重69kg
星座蟹座(6/22~7/22)
血液型A型
CV井上和彦(アニメ第1作)/ 興津和幸(アニメ第2作)


概要

草摩家の「中」の人間で、十二支の「辰」の物の怪憑き。
たちより10学年年上で、マブダチトリオの一人(自身はそう呼ばない)。また、綾女を唯一制御できる人物。

一族専属の主治医で、家に代々伝わる「記憶の隠蔽術」を持っており、草摩家の秘密を知った人間の記憶隠蔽も担当する(由希の友人や、紅葉を受け入れられなかった紅葉の母など)。
他の十二支と違い、実際に変身するのは龍ではなくタツノオトシゴで、変身後の姿は彼のコンプレックスである。
かつては助手としてやってきた草摩佳菜と付き合っていたが、彼女との結婚の許しを請いに慊人の元を訪れた際に傷つけられ、左目の視力をほとんど失う。それを自分のせいだと責める佳菜が病んでいく様子に責任を感じ、自らの手で彼女から自身に関する記憶を消し、佳菜ではなく慊人を選んだ。
その際、初めて忘れられた者の辛さを思い知ることとなる。佳菜の親友で透たちの担任であり、また紫呉の元彼女である白木繭子と2年ぶりに再会し、はとりの諦観した態度を目の当たりにして、人目も憚らず声を上げて泣いた彼女に好意を抱いている。
物静かで落ち着いている印象だが、それは自分の十二支憑きとしての宿命への諦めから生まれている部分も大きい。
39度の熱を出した慊人の代わりに海原高校の学園祭を訪れ、場合によっては透に対し記憶の隠蔽を必要とするかもしれないと考えていた。
過去に佳菜が出した「雪が溶ければ何になるか」という他愛もないなぞなぞの答えが佳菜と同じだったこと、変身した自分をすんなりと受け入れた時の反応が同じだったことから、透に佳菜の面影を感じている。
慊人が女性であることを知っている十二支の内の一人である。
紫呉の野望や企みのすべてではないが全容は把握しており、着かず離れずの距離を保ちながら彼の策謀を傍観している。また、紅野の真実を仄めかされた時には複雑な表情を浮かべ、神様と十二支の絆に対する愛着が拭えないことや、幼少期の慊人を側であやしていたこともあり、慊人を心配する感情が強く、彼女を突き放すことが出来ずにいたと明かす。

名前の由来

「羽鳥月(はとりづき / 4月)」から。

関連タグ

フルーツバスケット 本田透 草摩夾 草摩由希 草摩紫呉 草摩慊人 草摩楽羅 草摩紅葉 草摩潑春 草摩綾女 草摩杞紗 草摩燈路 草摩利津 草摩依鈴 草摩紅野 草摩佳菜 白木繭子

関連記事

親記事

フルーツバスケット ふるーつばすけっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「草摩はとり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59870

コメント