2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

CV:七緒はるひ津田美波

概要

草摩の人間の内の一人であり、かつて草摩はとりの助手を務めていた。
「雪が溶けたら何になるでしょう?」とはとりに問いかけ、水になるに決まっていると答えた彼に「春になります」と答えた。(寒い冬に積もった雪が溶ける程季節が暖かくなる→冬から春に変わる)
やがて恋愛関係になった2人であったが、どこかはとりは冷めたような態度であった。(12支の呪いが原因)
呪いによってタツノオトシゴに変わってしまった彼を見ても受け入れたことで、いよいよ草摩家当主である草摩慊人に結婚の許しを請うが………




逆上した慊人によってはとりが傷つけられ、左目の視力をほとんど失ってしまう。
この出来事が原因で「はとりを守れなかった」として精神的に病んでいくことになる。
この出来事ではとりは記憶の隠蔽術を佳奈に使い、恋人であった思い出を消す。このとき初めて、はとりは忘れられる辛さを知る。

隠蔽術により、はとりの事を忘れてしまった彼女は別の男性と結婚した。また、白木繭子とは友人であり繭子は結婚式に参加した。


関連タグ

フルーツバスケット 草摩はとり 白木繭子

関連記事

親記事

フルーツバスケット ふるーつばすけっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「草摩佳菜」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「草摩佳菜」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました