ピクシブ百科事典

草摩由希

そうまゆき

草摩由希とは、漫画・アニメ『フルーツバスケット』のキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

身長170.5cm
体重54kg
星座乙女座(8/23~9/22)
血液型A型
趣味家庭菜園
ニックネーム王子、ゆんちゃん、ゆんゆん
声優久川綾(アニメ第1作) / 島﨑信長(アニメ第2作)


概要

草摩家の「中」の人間で、十二支の「子」の物の怪憑き。
十二支の頂点にして神に一番近い特別な存在とされており、神と同じくらい子年が生まれてくるのは珍しい。
10歳以上年の離れた実兄に十二支の「巳」の物の怪憑きの草摩綾女を持つが、本人は苦手としている。

同級生
優しげで容姿端麗・成績優秀な為、学校内では熱烈なファンクラブ「プリンス・ユキ」まで作られる程の人気。ちなみに校内の男子も彼に見とれる者が多い。またあまりのモテっぷりには「羨ましい通り越して怖いよ」と感じる者もいる。しかし、本人には自覚が無く、どこか近寄りがたい雰囲気を持つ。また、自分をつまらない人間だと思い込み、中性的な顔にコンプレックスを抱いている。
草摩夾とは犬猿の仲だが、彼の人を惹き付ける人格を羨ましいとも思っている。

高校入学を機に通学の便の問題で草摩紫呉の家に居候している。幼少期は草摩での立場を重んじた母親の意思により、当主に気に入られることを第一として、草摩慊人の遊び相手として過ごしていた。その頃はまだ幼く、何に対してもさして疑問を向けることなく、慊人も癇癪は起こしたものの、無邪気な性格だったため問題なく生活していた。しかしある一件以来、慊人が捩れてからは、彼女によって精神的なダメージを負わされる。同時期に友人に変身体質を知られ、慊人の命令で動いた草摩はとりの記憶隠蔽によって唯一の友人を失くしたことがトラウマで、自身に深く立ち入られることを恐れていた。母親の「愛情」を求めており、自分に母親のように温かく接してくれた透に「母性愛」を感じるが、そんな自分に戸惑い、彼女を女性として見ているのだと思い込もうとしていた。
物語中盤に生徒会長に指名されるも暫くの間は断り続ける。しかし、杞紗を見て自分が逃げていることに気付き、生徒会長後任の件を受諾。副会長の真鍋翔とも、初めは馬が合わなかったものの後に良い友人となっている。兄・綾女とも疎遠だったが、彼が変わって行くと同時に、徐々に関係回復の兆しを見せている。
生徒会のメンバーで、一年後輩の倉伎真知に対しては当初、無口な翔の妹という存在でしかなかったが、彼女の「王子なんかじゃない」という発言をきっかけに、次第に興味を持ち惹かれていく。

実は、透が憧れている「帽子の少年」の正体(帽子自体は夾のものだったが、風に飛ばされた時に由希に拾われたことを嫌悪し帽子を手放した)。夾に憧れていたことを彼に告げたことでわだかまりが解け、その後の関係は良い喧嘩友達のような、穏やかなものに変わっている。
最終回では無事大学に合格、1人暮らしを始め、真知とも順調に交際している。十二支の中で最後に呪いが解けた。
折り鶴もまともに折れないほど手先が不器用という欠点があり、彼の作る料理は壊滅的にまずい(食べた紫呉曰く「危うく黄泉行くとこだった」とのこと)。また片づけも苦手で透が来るまで男二人暮らしの家はゴミで溢れ(透曰く「腐海の森」)アニメ第2期で登場した彼の部屋も散らかっていたほか、続編に登場した息子もこれらの個性を受け継いだ様子。
気管支炎が持病で、幼い頃はたびたび発作を起こすなど、身体が弱かった。成長したのちは発作は少なくなっているが、発熱など風邪をひいた場合には油断できない。発作が起きている最中は、鼠に変身するとさらに病状が悪化する。

名前の由来

「雪見月(ゆきみづき / 12月)」から名付けられたと紹介されていることがあるが、作者曰く「由希は例外です。月の名前じゃないです。いいカンジの音が無かったのと、「ゆき」という音が頭に降ってきたので」と単行本14巻105ページの柱に記されている。

関連タグ

フルーツバスケット 本田透 草摩夾 草摩綾女 草摩慊人
真鍋翔 倉伎真知
草摩家

関連記事

親記事

フルーツバスケット ふるーつばすけっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「草摩由希」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 402017

コメント