ピクシブ百科事典

莫斯科華撃団

もすくわかげきだん

ゲーム・アニメ『新サクラ大戦』シリーズに登場する戦闘組織
目次[非表示]

概要

世界華撃団連盟(WLOF)設立後に結成。
ロシア・モスクワを拠点とする。

ゲーム版では名前のみ登場。
第3回世界華撃団大戦に出場するが、準決勝で伯林華撃団に敗れる。

本格的に登場するのはアニメ版となる。
時系列として原作ゲームのストーリー終了後に発生した爆発事故で、メンバー1人を除いて生死不明となり壊滅。
その生き残りも低顧客華撃団花組に見習い隊員として転属となるが、直後に新生莫斯科華撃団を名乗る者達が帝都東京を訪れる。

クラーラ以外のメンバーは爆発事故で大火傷を負ったらしく、仮面とコートを常用。

また東京での降魔大戦よりも前に、神崎重工から霊子甲冑か霊子戦闘機の試作機がこの組織に持ち込まれたとされる。

関係者

クラーラ・M・ルシュコヴァ

❀



CV:和多田美咲
件の事故の唯一の生存者で、帝国華撃団に転属し花組の見習い隊員となる。

ヴァレリー・カミンスキー

no title



CV:赤羽根健治
「新生莫斯科華撃団」の隊長で、紳士的な性格であるが得体の知れない側面も持つ。

レイラ・M・ルシュコヴァ

レイラ



CV:白石晴香
カミンスキーに付き従う謎の少女。

関連項目

新サクラ大戦 新サクラ大戦の華撃団一覧

MikaPikazo
:キャラクターデザインを担当


※ここより先ストーリーのネタバレ等があります。


















莫斯科華撃団の真相
9話において再び欧州へ渡っていた神山誠十郎の再調査から、クラーラを除く旧所属員全員があの爆発事故で死亡していたことが判明する。
さらに上記三人以外のメンバーは黒マントと同じ「機械人形」(アンドロイド)であり、その一部が世界華撃団連盟上層部にも工作員として潜入し、新生組織を後継組織として公認させていた事が明らかにされた。

そしてカミンスキーの狙いが、降魔研究者ナターリャ・ルシュコヴァが降魔の細胞を用いて生み出した「降魔人間(ラディエーシタ)」の力を利用しての世界征服であり、クラーラとレイラはその研究の成功例として誕生した一種の人造人間であった。

関連記事

親記事

新サクラ大戦の華撃団一覧 しんさくらたいせんのかげきだんいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「莫斯科華撃団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156616

コメント