2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

この記事はライトノベルの原作を元に記述しています。

概要

中二病でも恋がしたい!のキャラクター、小鳥遊六花のもつ金色の右目のこと。六花本人は自分のことを「邪王真眼の使い手」と称している。邪王真眼は最強とも自称している。
普段は眼帯により邪王真眼は封印されており、六花が眼帯を取ったときのみ現れる。

その邪王真眼が原作で初めて登場したのは1巻の第1話である。六花の邪王真眼が痛む(六花の自分設定)というので富樫勇太に保健室に連れて行かされた。その際に勇太の前で眼帯を取り、邪王真眼を初めて勇太の前で見せた。そして「邪王真眼と目を合わすことが契約の証」といい、勇太を契約者として勇太との交流が始まった。またそこで邪王真眼の痛みを治すには神聖な水でなければいけないことも明かされている。
勇太の妹の夢葉の前でも邪王真眼を発動している。夢葉も六花の邪王真眼に影響されて、一時期眼帯を装備していたが、勇太の頼み込みによりなんとか六花の手で眼帯を外してもらっている。
2巻では七宮智音との戦いで邪王真眼を発動している。





















ようするに…

のカラーコンタクトである。

関連タグ

中二病でも恋がしたい! 小鳥遊六花
カラーコンタクト(カラコン) (σ回ω・)σ←↖↑↗→↘↓↙←↖↑↗

関連記事

親記事

小鳥遊六花 たかなしりっか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「邪王真眼」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「邪王真眼」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1093061

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました