ピクシブ百科事典

概要

日本ことわざ( )の一つであり、意味としては「お金というのは、一箇所に留まるものではなく、売買投資納税とその公共への使用などにより、人から人へと渡って世の中を巡り巡るものである」ということから転じ「今は貧しくても、いずれお金は回ってくる」ということ、「今は豊かでも、いつかそれらは失われるかもしれない」という戒め二面性を表しているとされる。

実情

現実には、どこかでお金の流れが滞る時社会歪みが発生するといわれ、いわばお金というのは社会という『身体』を流れる『血液』のようなもので、ただ単純に貯金し死蔵するより、可能な限り運用するなり使用し循環させた方が、社会は健全となるということになる。

関連記事

親記事

ことわざ ことわざ

兄弟記事

コメント