ピクシブ百科事典

闇堕ち飛鳥

こうしきのあつかいにきれたあすか

この記事には、『閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-』の重大なネタバレが含まれています。
目次[非表示]

以下ネタバレにつき閲覧の際は注意











































「この世界に、正義なんてないから!」

概要

TVアニメ二期『閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-』における飛鳥の一連の行動における呼称である。

PVやメインビジュアルの時点で眉間を曇らせ、口元を隠していたことから「何かあるのか」と心配されており、雪泉役の原由実からは「半蔵のみんなが大変なことになる」とコメントしていたが、それは1話にして月閃姉妹により飛鳥含む半蔵メンバーの全滅という形で現実のものになった。

その後メンバー四人が連れ去られ、一人残された飛鳥は上記の己の信念の否定するかのような言葉を吐き、シノビマスターズに参加しようとするや雪泉を妨害。「私がみんなを助ける」と単独行動に出る事となった。

性格

孤独になってしまったためか言動も大きく変わっており、今まで話し合って解決しようとしていたのが突き放すような態度に変化している。

月閃姉妹相手に雪泉が協力を持ちかけても「勝手にして」と顔を合わせず言い放ち、月閃姉妹やその奥にいる雪不帰を睨み付けていたことから、仲間達を傷つけ連れ去った三人に対して憎しみを抱き、一人で戦うことに拘っているように見える。

忍装束・戦法

基本は変わっていないが、飛鳥の象徴であるスカーフで口元を隠しているのが特徴。
EDはいつも飛鳥の笑顔でシメられるため、一部では『自分の象徴で自分の笑顔を封印している』と悲しい揶揄をされている。

心境が荒れているからか戦い方も変化しており、爆弾を貯水タンクに設置して爆破し紅蓮の焔を消化したり、焔の手首を切り裂いて刀を落とさせるなど手段を選ばず、元悪忍である焔に「悪忍らしい」と言われるほど容赦がない。

それが皮肉にも、笑顔を捨てたことで理想であった忍らしい戦い方に近づいたことを示している。

活躍

最初は各忍メンバーの近辺にたびたび出没するだけで具体的な行動は描かれなかったが、シノビマスターズ開催宣言と同時に行動を開始。

上述の戦法により焔を負傷させた事でメンバー不足となり不戦敗寸前だった焔紅蓮隊に、焔の代理として参加する。
やがて7話で雪泉と共闘し、月閃姉妹に辛くも勝利。
攫われていた半蔵学院の仲間達とも8~9話を経てようやく再会する事となった。

しかし仲間を救ってある程度は丸くなったものの表情は晴れず、雪泉が何度問いただしても理由を話す事はなかった。

目的(と思われるもの)

結局シナリオライターがあまりに力不足だった為、ラストの展開には粗があり語られずじまいで終わってしまったものの、飛鳥の目的はある程度推測できる。

回想で月閃姉妹に敗北した後、雪不帰と邂逅した際に囁かれて驚いている描写があった事から、この時に月閃姉妹も知らない雪不帰の秘密や、雪不帰と雪泉の関係を聞かされた。もしくはその時聞かされた情報を元に真実にたどり着いた可能性が高い。

そのためか大会本編で月閃姉妹に「あなた達は利用されている!」と訴えたり、「雪泉ちゃんと戦わせたくなかったから、あんなに頑張ったのに…!」と涙を流していた。

これらの事から仲間を救うだけでなく、雪不帰と雪泉を何としても戦わせまいとしていたとも考えられる。

その他

表記が定まっておらず、グレ飛鳥悪忍飛鳥飛鳥オルタなど、複数の名前が混在している。

関連イラスト

この飛鳥を暗示させるようなイラストも数点存在する

出血飛鳥
真影
もう一人の飛鳥



関連タグ

飛鳥(閃乱カグラ) 悪堕ち 闇堕ち 黒化

グレ響:同じく口元を布で隠し、笑顔を捨てた女主人公繋がり。ただしこちらは平行世界の出身で、本来の主人公とは別の存在である。名前が定まる前は複数の名称が交錯していた所も似ている。
激情態:闇堕ちした主人公繋がり。ただしあちらは自分の使命を受け入れ、真の姿を現している。
覇王十代:こちらも仲間を失ったことに絶望し、闇堕ちした主人公繋がり。ただし、あちらは仲間の消滅により変化している。
逆鱗遊矢:こちらは怒りによって覚醒した主人公繋がり。
アナザーシノビ:同じく悪墜ちした忍者主人公繋がり。こちらはAT-X本放送終了から9日の番組に登場している。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「闇堕ち飛鳥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 813

コメント