ピクシブ百科事典

闇目

やみめ

闇目とは、テレビアニメ「学校の怪談」に登場する魔物。

概要

CV:川村万梨阿
第15話に登場。

幽霊やお化けの類ではなく異世界からの魔物。人間に憑依してその人間の全てを奪う。
一度憑依された人間は二度と元に戻す事はできない。

本編の28年前に6年4組の「松田忍」という女子生徒がおまじないで闇目を呼び出し憑依され、そのまま行方不明となる。その後、さつきの母親である佳耶子により一度は霊眠されたものの、復活。

28年前の彼女の姿でさつき達に近づき「願いを叶えるおまじない」と偽って闇の儀式である「血の契約」を結ばせる(その際に「他人にこの事を喋ったら呪われる」と口止めもしている)。その夜に彼女たちは金縛りなどの霊現象に襲われてしまう。
怖がる彼女たちに対して忍は「契約を解除する方法がある」と助言する。もちろんそれはウソであり、それを行うとこの世から自分の存在そのものが消えてしまうという恐ろしいものであった。さつきはギリギリのところで天の邪鬼が止めてくれて助かるが、それに気づいた闇目が即座に襲い掛かってくる。

正体を現すと口から大きな目(おそらくこれが本体)が飛び出し、上のイラストのように肌は紫色に変色して目が黄色に光る禍々しい姿へと変貌する。天の邪鬼が「コイツはヤバイぞ!」とすぐさま攻撃するものの、自由自在に伸びる両腕の一撃で倒されてしまう。

霊眠方法は「赤い紐で体の自由を奪い、太陽光を浴びせる」というものだが、時刻は真夜中。
機転を利かせたさつきは赤いリップと使い捨てカメラのフラッシュで代用し、なんとか霊眠に成功。消えた友人たちも戻ってきた。

霊眠した後はさつきと天の邪鬼以外の全ての人から忍の存在が消えてしまっていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「闇目」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 756

コメント