ピクシブ百科事典

零千

れいちあ

スマホアプリ「あんさんぶるスターズ!」の腐向けカップリング

スマホアプリ「あんさんぶるスターズ!」のキャラクター、朔間零×守沢千秋の腐向けカップリング。









・ゲーム内での千秋と零の接点まとめ(メイン、イベントストーリーネタバレ有り)



↓イベントストーリーまとめ

2015年後半 出航!海上の海賊フェス(開催期間・7/31~8/12)
・「海辺/第二話」←海賊「プロローグ」で海に落ちた零を奏汰と拾う(千秋が拾ったって言ってた)が会話はなし。その後千秋によって夢ノ咲学院の保健室に運ばれている。どのように運ばれたかは描写なし。
・海賊での会話は「海辺/第二話」のみ、海賊「海賊/第二話」より零は千秋を「千秋くん」と呼んでいる。(千秋は零を「朔間」と呼んでいる)


2016年後半 灼熱◇海辺のビーチマッチ(開催期間・8/15~8/25)
・海賊フェスのその後の話。
・ビーチマッチ「第一話」「第三話」で会話している。(「第四話」では奥に引っ込む零を千秋が見送っているが特にコメントはなし)
・「エピローグ」で起きてきた零が海の家の接客をする流星隊を手伝う、というような発言をしている。


2016年後半 絢爛ホットなホリデーパーティー(開催期間・12/15~12/25)
・千秋、零三度目の絡み。といっても千秋と薫が中心のストーリーになっているて、零との会話は「第七話」(相槌だけ)と「第九話」のみ。
・「第八話」で零が「五人揃って流星隊なら、四人揃ってUNDEAD」と言っている。
・「エピローグ」では千秋が薫に「おまえたちは夜闇の魔物とか名乗っているが、実際は心根が優しいからな。」と言っている。

なお、ホリデーパーティーでは流星隊 UNDEAD両メンバーとも知らない仲ではないという認識があり、海賊やビーチマッチ以外にも今後のイベントでの展開に期待できる。





↓メインストーリーでの千秋と零

・メインストリーでの直接的な会話はないが、第五部 Ensembleで始まる最高ランクのドリフェスSSの出場権をかけた生き残り戦DDDで、tricksterを生かすために零がfineを消耗させるために自ら手をかけた生え抜きのユニットをfineにぶつけていく。零率いるUNDEADは準決勝でfineと対戦している。第百十七話でその指針を決めたのが、初戦でfineと戦った流星隊であると2winkが証言しており、その行動は千秋の後輩を想う感情から起こされた。

pixivに投稿された作品 pixivで「零千」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16585

コメント