ピクシブ百科事典

概要

CV:関俊彦
馬庭光弘とは、『妄想代理人』のキャラクター。

猪狩慶一と共に「少年バット」事件を担当している刑事
年齢は29歳で、コンビを組んでいる昔人間の猪狩とは対照的に今どきの青年らしい性格。

世間を騒がせる連続通り魔「少年バット」の足取りを追っていたが、
そんな最中狐塚誠が逮捕される。猪狩と馬庭は2人で彼を尋問する事になるが、
彼が語ったのは自身を「聖戦士」、通り魔を「使命」とした妄想の世界観だった。
恫喝寸前の方法でさらなる情報を聞き出そうとする猪狩に対し、馬庭は
狐塚と世代が近い事もあってか、「聖戦士」の妄想に一定の理解を示し、
時間をかけて情報を聞き取ろうとするような態度を取る。
しかし、その狐塚は直後に留置所内で本物の少年バットに殺害される。
世間が混乱する事を避け、公には自殺として処理されたものの
猪狩と馬庭は2人して警察の職を追われる事となってしまった。
以後、猪狩は本件からは遠ざかったが、馬庭は1人で少年バット関連事件を追い続ける。

物語中盤以降は無線機器が大量に置かれた自室で交信していたり、
怪しげな機器を背負って歩き回る異様な姿が描かれるようになっていき、
妄想の中で赤い頭巾にマントを羽織り、丸メガネをかけたヒーロー
「レーダーマン」に変身するようになった。傍目には精神に異常を
きたしたようにしか見えない事になっていたが、最終的には鷺月子の実家で
少年バットの正体が実在の犯罪者ではなく、かつて月子が行った狂言が
発端となって生まれた架空の存在という事を突き止めるに至る。

月子の実家で入手したバットを武器にし(妄想の中では剣となる)、
噂に尾ひれが付くうちに強化された少年バットに勇敢に立ち向かったが、
現代人の心の闇という無尽蔵とも言える力の根源を持つ相手には叶わず、重傷を負ってしまう。
その後、黒い泥状の物体と化した少年バットは事の発端である月子が事実を受け入れる事で
消滅。
馬庭も一命はとりとめたようだったが、後日談では一気に老け込み老人のような姿になっていた。
レーダーマンになっていた時に「老師」として仰いでいた謎の老人と同じく、
一心不乱に謎の数式を書き続けていたり次回予告代わりの謎めいたメッセージ「夢告」を
(最終話にも関わらず)告げるなど、二代目謎の老人とも言える行動を見せており、
間接的に少年バットのような存在が再び現れる可能性がある事を匂わせて物語は締めくくられる。

なお「馬庭」というネーミングは「マニア(Maniac)」から(中盤以降の行動と掛かっている)と思われる。
また、妄想の中での絶妙にダサいヒーロー「レーダーマン」のデザインは月光仮面・鞍馬天狗から、
ネーミングはハルメンズの楽曲を後に戸川純がカバーした同名曲からか。

関連タグ

猪狩慶一 刑事 レーダーマン

関連記事

親記事

妄想代理人 もうそうだいりにん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「馬庭光弘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2413

コメント