ピクシブ百科事典

高里要

たかさとかなめ

高里要とは『十二国記』『魔性の子』に出てくる登場人物である。
目次[非表示]

小野不由美氏・著の小説魔性の子』での主役。
同著者の小説『十二国記』の登場人物でもある。
cv:釘宮理恵(少年時代)、岡野浩介(高校時代)

少年時代の概要

両親と弟、祖母の4人家族。
家族のなかでも「あの子はどこかちがう」と言われて孤立。
特に弟・卓と祖母・美喜に「気味が悪い」ときらわれており、祖母には躾と称して外に締め出されるなどの虐待を受けていた。
失踪した日は雪の降る夜であり、しかも裸足で家から閉め出されていた。
当然、家族は要を探すが杳として行方が知れず、帰ってきたのは失踪の1年後、衣服を身につけてない真っ裸であるうえ、失踪中の記憶がまったくないというありさまだった。

「魔性の子」での概要

幼いころ1年間「神隠し」にあったという高校2年生の少年。
その間の記憶がなく、またその時期を懐かしく思っている。
「祟る」という噂があり、自他共に認める「異端者」。

関連タグ

泰麒

pixivに投稿された作品 pixivで「高里要」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188837

コメント