ピクシブ百科事典

魔性の子

ましょうのこ

小野不由美 著の小説のタイトル。
目次[非表示]

小野不由美著のミステリーホラー小説
1991年9月25日、新潮文庫として発刊される。
1997年6月25日、マーキュリーミュージックエンタテイメントにてドラマCDが発売される。
2012年7月1日、新潮文庫より「月の影_影の海」とともに新装版発売。

十二国記』シリーズの外伝的扱いになっている。
アニメ版『十二国記』の「風の海_迷宮の岸」作中では「同時期の蓬莱の出来事」(杉本優香視点の外伝的物語)として本作の一部エピソードが映像化された。

あらすじ

教育実習のため母校に戻った広瀬は、教室で孤立している不思議な生徒・高里を知る。
彼をいじめた者は“報復”ともいえる不慮の事故に遭うので、“高里は崇る”と恐れられているのだ。
広瀬は彼をかばおうとするが、次々に凄惨な事件が起こり始めた。
幼少の頃に高里が体験した“神隠し”が原因らしいのだが…。

彼の周りに現れる白い手は?彼の本当の居場所は何拠なのだろうか?

主要登場人物

広瀬(ひろせ)
 舞台となる高校に、教育実習生としてやってきた人物。

高里要(たかさとかなめ)
 幼いころ1年間「神隠し」にあったという高校2年生の少年。その間の記憶がない。

関連イラスト

魔性の子
穢瘁


関連タグ

高里要 十二国記

pixivに投稿された作品 pixivで「魔性の子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222024

コメント