ピクシブ百科事典

泰麒

たいき

小野不由美著の小説『十二国記』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:釘宮理恵

戴極国麒麟
蓬莱での名前は高里要。字は蒿里黒麒麟の胎果。
10歳の時、祖母に家から閉め出され雪の降る庭でたたずんでいたところを、廉麟の助力を得た自身の女怪汕子によって蓬山に連れ戻される。

10年もの月日を人として蓬莱で過ごしたため、麒麟の獣としての本能や十二国側の常識などを知らず、それが原因で苦悩することになった。

実は、陽子より一学年下の年齢である。

風の海_迷宮の岸」においての主人公。

関連イラスト

泰麒!!
「帰らなくちゃいけないんです」


黑麒麟
泰麒



関連タグ

十二国記 魔性の子 小野不由美
麒麟 蒿里 驍宗 汕子 傲濫
風の海_迷宮の岸 黄昏の岸_暁の天 冬栄

pixivに投稿された作品 pixivで「泰麒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1625819

コメント